トラベラーグラムの海外ブログ 【毎日更新中】

毎日、海外や外国語のことについて書いています。

【日本で世界が味わえる】国立民族博物館に行ってみた【オセアニア・アメリカ編】

f:id:travelergram:20200705124327j:image

どうもトラベラーグラムのゆーやです。

 

本日は大阪の吹田にある国立民族博物館に

行ってみた様子をお伝えします!!

 

写真が多いので、地域ごとに何回かに分けたいと思います。

 

 

✔️入館まで

f:id:travelergram:20200705124504j:image

チケットを購入。

書いている通り、値段は580円でした。


f:id:travelergram:20200705124500j:image

万博公園の中にあるため、太陽の塔によるお出迎えです。


f:id:travelergram:20200705124510j:image

入館の際にはサーモグラフィーによる検温の実施があります。


f:id:travelergram:20200705124457j:image

また入館時にどこから来たのかシートを記入する必要があります。

 

✔️さっそく中へ

 

写真撮影はOKで、インターネットに載せるのもOKとのことでした!

 

その前に、ご存知の通り僕自身は基本的に都会の場所しか行かないので、

その国の歴史とか興味なんじゃね?

って思われるかもしれませんが、以外と興味あります。

 

いわゆる僕は言語マニアな訳で、この言語はどのような他国との言語の相違性があるとか、どのように民族が流動してきて今に至るのかや、アメリカ大陸における人種構成など、実は僕自身多岐に渡って興味があります。

 

そんな事が興味あるのなら、もうここは最高の場所です。

 

では、さっそくオセアニアから。

 

☑️オセアニア

f:id:travelergram:20200705125344j:image

まずはオセアニアです。

格地域ごとにこのような大きな垂れ幕があり、エリアが区切られています。

ちなみに、僕自身オセアニアには行ったことないんですよね、、、。


f:id:travelergram:20200705125357j:image

いきなりですが、こんなものが。こちらはお面のような物です。

当時の技術力に驚きます。

どこか少し、太陽の塔に見える気も、、、。

 


f:id:travelergram:20200705125353j:image

モアイ像もポリネシア人によって造られたようですね。

そのため、オセアニアの場所に置かれています。

チリには行ったことありますが、まだイースター島には行った事がなくて、、、。

是非実際に見てみたくなりました。

あの時代に、どうやって作られたのか未だ不明な点が多いようです。


f:id:travelergram:20200705125400j:image

こちらは、オセアニアの言語分布です。超絶興味ありです。(笑)

たくさん言語はあるようですが、現在のところ、ほとんど英語が通じるところが多く、少数言語は消滅の危機にさらされている言語も非常に多いようです。

 

f:id:travelergram:20200705125404j:image

そして、これがポリネシアで航海に使った船。

これで120日ほどかけて移動したようです。

僕も狭いところは好きやけど、海の上でこの狭さは気が狂いそう。

エンジンがないと大変、、、。どころじゃない、、、。


f:id:travelergram:20200705125408j:image

そして、こちらにはオーストラリアの先住民族によるアボリジニの作品が置かれています。

 

☑️アメリ

f:id:travelergram:20200705173030j:image

続いてアメリカ大陸です。

(アメリといえば、アメリカ合衆国をイメージするかもしれませんが、ここでは、アメリカ大陸のことです。)


f:id:travelergram:20200705173038j:image

 まずは、言語分布から。

少数の民族の言語もありますが、基本的には、アメリでは英語

中南米ではスペイン語ポルトガル語が話されています。

中南米では人口が増えてきており、スペイン語の需要が増えてくるのも時間の問題かもしれません。

 

スペイン語の需要については過去に記事も書いてますので、こちらをご覧下さい。👇👇

www.travelergram.jp

 

f:id:travelergram:20200705173026j:image

それから、ヨーロッパ人がどのようにアメリカ大陸を見つけたのかを表す図がありました。

今では飛行機や、クルーズ船など簡単に大西洋を渡る事ができますが、

当時の技術を考えれば、どれだけ大西洋を渡る事が凄かったことか理解できます。


f:id:travelergram:20200705173035j:image

また奥に進むと、南米の衣装を発見。とてもカラフルなイメージ。

おそらくボリビアとかペルーかな。実は両方行ったことないんですよね、、、。

ボリビアなら、ラパス、ペルーならリマに行きたいですね、、、。


f:id:travelergram:20200705173044j:image

あ、これはディズニーの映画で見た!!

「リメンバー•ミー」で扱われてたガイコツにそっくり!

感動ものの映画です。

そういや、あの映画はメキシコの文化を取り扱った話だったんですね!


f:id:travelergram:20200705173048j:image

そして、ブラジルのカーニバルの衣装とビデオ。

この陽気なリズム感がいいですよね。

いつかカーニバルも実際に観に行ってみたいものです。

 

明日はヨーロッパとアフリカをお届け!

本日はここまで!!

では、また明日!!

イギリス入国審査厳しい?【日本のパスポートさえも?】

f:id:travelergram:20200704161954p:image

どうもトラベラーグラムのゆーやです。

 

本日はイギリスの入国の際の入国スタンプをもらう際にスタンプがなかなか押されなかった話です。

(2018年8月)

 

どんな事が聞かれたのか見ていきましょう!!

 

 

なお、現在は場所によっては自動化されているところもあるようです。

 

 

 

✔️日本のパスポートは最強

 

 ご存知の通り日本のパスポートは最強です。 

パスポートは国同士の信頼によって作られているので、日本が世界で信用されていることがわかります。本当にありがたいことです。

 

ちなみにですが、そんな最強の日本のパスポートを、日本人で保有しているのは、23%ほどと、とても少なめです。

 

✔️顔パスも多い

 

例えば、自分の前に日本以外のパスポートを持って並んでいて、

入国審査の時にめちゃくちゃ質問されていて、長いなー。って思って、

僕もいろいろ聞かれるんかなー?って思っていたら、

まさかの何も聞かれず、入国スタンプゲットってこともめちゃくちゃ多いです。

 

アルゼンチンからブラジルに行く時なんて、せっかくブラジルの電子ビザを取ったのに、ほぼ見もしないさま。(笑)

 

そら不法入国もできるやろ、、、とか思ったり。

 

✔️イギリスでは厳しい?

 

イギリスでもいつものように、入国審査のレーンに並んでいました。

 

夜の便でポルトガルポルトに行かないと行けないので、できるだけ早く入国したいものです。

 

人はそこまで多くはなかったのですが、なかなか進みません。

 

顔パスはまずない。

どこの国の人もいろいろと質問されてる、、、。

 

✔️順番が回ってきた

 

パスポートと入国カードを渡して、見られます。 

入国カードは空港に着いてから立って並んでいるときに書いたので、少し字が汚くなってしまいました。


名前、年齢などを入念にチェックしています。

 

イギリス入国の目的は?

 

乗り換えです。

 

次はどこに行く?

 

ポルトです。

 

ポルト

 

そうそう、ポルトポルト

ポルトガルの首都ですよ。

 

??

 

やらかしたーー

ポルトガルの首都リスボンやったーー

 

ちょっと怪しまれます。

 

滞在日数は?

 

数時間です。

 

??

チケット見せて。

 

いや、それならチケット最初から見せたらよかったやんけw

 

他にもいろいろ聞かれた気もしますが、

こんなに詳しく入国審査を受けたのは初めてでした。

 

まぁなんとか入国スタンプをもらってイギリス入国完了。

 

おそらく、不法移民を絶対に入れないように厳しくしているイメージです。

 

正直、日本人は他の国と比べて、質問が少なかった方だと思います。

 

f:id:travelergram:20200704161308j:image

(当時のインスタストーリーより)

 

✔️サラダを食べてポルトガル

 

イギリスは物価があまりにも高いので、コンビニでサラダを買ってすぐにチェックインをして、ポルトガルへと向かう準備をしていきました。

 

(最初の方に書いていましたが、南米のイミグレの様子もいずれ記事にしたいと思います。)

 

本日はここまで!

では、また明日!

サンデフィヨルドを観光【オスロじゃないよ!!】

f:id:travelergram:20200703191046j:plain

どうもトラベラーグラムのゆーやです。

 

本日はノルウェーサンデフィヨルドを観光してみたときの様子を記事にしたいと思います!!

 

(2018年8月)

ではさっそく見ていきましょう!!

 

 

朝からさっそく観光

f:id:travelergram:20200703193154j:plain

昨晩に空港からAirbnbに無事到着し、なんとか夜を過ごし、朝から観光することに。

 

非常に閑静な住宅街でした。

さっそく市内の方へと向かいます。

 

市内へ到着

f:id:travelergram:20200703193510j:plain

 

街の雰囲気としては閑散としていて、とても静かでした。

田舎?ではないけど、人も多すぎず、本当に落ち着いた雰囲気。

 

f:id:travelergram:20200703193611j:plain

 

日本料理のレストランはやっぱりどこの国に行ってもありますね。

魚介はノルウェーでもたくさん獲れるので、寿司に新鮮な魚が使えそうですね。

 

f:id:travelergram:20200703193549j:plain

捕鯨船のモニュメントを発見。 ゆっくりと回転します。

1950年前半をピークに捕鯨業は盛んだったようです。

しかし、現在では行われていません。

 

たくさんの船

海に面しているサンデフィヨルドでは多くの船(ボートも含む)を見ることができます。

f:id:travelergram:20200703194700j:plain

小さなボートもたくさんあります。(釣りとかできるんかな~)

 

f:id:travelergram:20200703194813j:plain

そう思っていたら、ボートを積めるような大きな船まで!!

サンデフィヨルドでは漁業は盛んらしいけれど、漁業用ではなさそうかな、、、。

 

f:id:travelergram:20200703195009j:plain

こちらは、軍の船でしょうか!?
こんな感じの船も同じ港にありました。

 

f:id:travelergram:20200703195838j:plain

海の水質はいかに!?!?

実際にのぞき込んでみるとクラゲが泳いでいました。

写真の左下を見ると小さな魚がたくさん泳いでいるのも見ることができます。

水質はグッド👍のようです!

ただ泳げるような場所は近くには見当たりませんでした、、、。

 

アーティスティック!?

f:id:travelergram:20200703200151j:plain

海の近くを歩いているとこんなものが。

なんとアーティスティックなSANDEFJORDの文字!!

 

インスタ映え間違いなし! (実際に僕も実際に載せましたww)
f:id:travelergram:20200703200947j:plain

また近くを歩いていたら三人の顔の絵!?

今もあるのかな~

 

Sandefjord kirke

f:id:travelergram:20200703201557j:plain

 駅まで目指していると立派な教会がありました。

f:id:travelergram:20200703202002j:plain

こんな感じの教会を見るとあ~ヨーロッパに来ているな~と実感します。

 

f:id:travelergram:20200703201913j:plain

近くにはノルウェーの国旗もありました。 

 

アクセスはこちら👇👇

 

帰りは電車とバスで

 

さすがに帰りは空港まで歩かず、電車とバスを使いました。

ひと駅乗ってそこから無料のシャトルバスで向かいます。

 

こんな距離をよくも夜に歩いたな~。と自画自賛していました。(笑)

 

さてとイギリスへと向かいますかww

一度シェンゲン協定から抜け出しますw

 

過去のノルウェーの記事はこちらから👇👇

www.travelergram.jp

 

www.travelergram.jp

 

本日はここまで

最後までご覧いただきありがとうございました!

ではまた明日!!

【節約】ノルウェーの真夜中を歩く

f:id:travelergram:20200702114708j:image

どうもトラベラーグラムのゆーやです。

 

本日はノルウェーの空港についたものの、物価が高くタクシーを使わず7km歩いたお話をしたいと思います。

 

では、さっそく見ていきましょう!!

 

 

✔️夜にノルウェーに到着

f:id:travelergram:20200702114708j:image

(当時のインスタストリーより)

ノルウェーサンデフィヨールまで、ポーランドから1200円で来ることができました。

そちらの記事はこちらからどうぞ👇👇

www.travelergram.jp

 

Airbnbノルウェーでは借りていたので、住所をUberに打ち込んで見てみると、深夜ということもあってか、7kmで5000円以上もかかりました。

 

さすが、北欧。物価が高すぎる。

歩くことにしました。

 

✔️永遠に歩く

f:id:travelergram:20200702134521j:image

(当時のインスタストリーより)

着いたのはオスロではなくサンデフィヨルドという、田舎の空港のTorpという場所になります。

 

空港から街灯すらないところをひたすら歩きました。

明かりは月明かりのみ。といった感じでした。

 

ローミングSIMを使っていたので、インターネットに関しては問題なしです。

 

8月でしたが、気温は12度くらいで、白い息も出るほど。

 

Airbnb目指して歩き続けます。

 

今思えば、自然の熊とか出てきてたら、逃げる場所もないし、終わってたな、、、。

(生息してるのかは、不明やけど、、、)

 

途中で車が横を通ったので、ヒッチハイクでもしようかと思いましたが、もちろん無視されました(笑)

 

✔️Airbnbに到着

f:id:travelergram:20200702120451j:image

近くまで来たので、ホストに連絡しました。

 

なぜかホストはその場所にはおらず、電話で話しました。

住所はここのはずやのに、なぜか玄関があらへん!! なんでやねんww

 

すると、石と階段があるから、そこを降りて行ってとのこと。

 

鍵を開けっぱなしのドアがあり、そこの一番手前の部屋が君の部屋だよ。と。

 

いやいや鍵開けっぱなしって、セキュリティー大丈夫かいw

 

リビングにはテレビがChromecastに繋がっていて、ずっとつけっぱなし。

 

少し不気味。

 

そして、向かいの部屋からは、謎の言語が聞こえてきます。

僕は言語マニアですので、一通りの会話を聞けば、これは〇〇語やな。ってだいたいわかるのですが、向かいの部屋の人の言語は本当に謎でした。

 

会えば、挨拶でもしようかと思いましたが、結局会わずに、誰なのか?どこの国の人だったのか?不明のままでした。

 

とはいえ、なんとか一見落着です。

 

さ、明日は少し観光しよう!!

 

その様子は明日以降また記事にします!!

 

本日はここまで!

では、また明日!!

【激安】ノルウェーまで1200円!?

f:id:travelergram:20200701150732j:image

どうもトラベラーグラムのゆーやです。

本日はワルシャワからノルウェーまでのチケットを1200円で取れたお話をしたいと思います。

 

では、さっそく見ていきましょう!

 

 

 

✔️チケットを取るまで

 

大学で空きコマの時にいつも通り、パソコン室でチケットを探りまくります。

 

ポーランドにを中心に旅行をすることは決めていたので、ポーランドからどこに行こうかと片道チケットを探していました。

 

まずはウクライナキエフまで行こうとキエフのチケットを取りました。

f:id:travelergram:20200701160531j:image

(当時のインスタストーリーより)

 

とりあえず、ワルシャワからキエフまでのチケットを購入。

たしか荷物なしで、3万円くらいかな、、、。まぁまぁ高め。

 

✔️当時のまだ行ったことのない国のリスト

 

ノルウェーリトアニアイギリススペインポルトガルチェコオランダ

 

この辺を周遊しようとして、

どこから行くか迷っていました。

 

やっぱり近くからがいいかなと思い、リトアニアから?

 

ワルシャワからは飛んでいるので、調べてみましたが、

あまり安くはなかったので、断念

 

次の候補のノルウェーを調べてみることに。

 

すると、片道39zl!?!?

(当時のズロチの換算は1200円ほど。)

 

まじか!!

 

✔️さっそく予約

f:id:travelergram:20200701182730j:image

ワルシャワとはいえ、モドリンという、北部の空港からノルウェーTorp空港への予約が完了しました。

 

モドリン空港の位置はこちら👇👇

 

ワルシャワ市内からは少し遠めです。

Uberを使いましたが、値段は3300円ほどかかりました。

👆👆航空券より高いやんww

f:id:travelergram:20200701162059j:image

 

✔️航空会社はRYANAIR

 

当時の写真はないのですが、乗った航空会社はRYANAIRという航空会社です。

 

特に変わったルールがオンラインチェックインは必須という点です。

 

RYANAIRはオンラインチェックインが必須で、もしオンラインチェックインができていなければ、55€の罰金があります。

 

ヨーロッパのLCCならではといった感じです。

 

2日前からできるということでしたが、チケットのコピーができるか微妙だったので、座席指定も含めて、有料で日本にいる内に行いました。

 

なんとか追加料金は取られずに済みました。

 

もちろん席はとても狭く、ノルウェーに夜遅くに着くというさま、、、。

 

まぁ無事に着いたのでOKです🙆‍♂️

 

結局5000円くらいはかかりましたかね、、、。

まぁそれでも破格です!!

 

ノルウェーについてからはまた明日以降にお届けします!!

 

本日はここまで!!

では、また明日!!

通天閣登ってみた【おのださんのオフ会】

f:id:travelergram:20200630175437j:image

どうもトラベラーグラムのゆーやです。

 

本日はおのださんのオフ会で大阪観光で通天閣に登ってみたということについてお話していきたいと思います。

 

では、さっそく見ていきましょう!!

 

 

✔️オフ会はほとんど自由

 

オフ会の紹介動画でもおっしゃられていた通り、おのださんと面会する5分以外は自由です。

 

大阪観光するのもよし、ホカンスするのもよし。

 

ですので、僕は大阪を少し観光してみようと思い、オフ会の特典でいただいた通天閣無料チケットを使って近くの通天閣に人生で初めて登ってみることにしました。

 

✔️通天閣

f:id:travelergram:20200630175822j:image

宿泊したFP HOTELSさんからは遠くはなかったので、歩いて通天閣へと向かいました。

 

ご存知のように、僕自身はあまり観光名所に行かないので、

展望タワーにはあまり登ったことはあまりありません。

 

マリーナベイサンズの展望台くらいかと思います。

 

そちらの記事はこちらからどうぞ

👇👇

 

www.travelergram.jp

 

✔️通天閣へ到着

f:id:travelergram:20200630180203j:image

地下から入り、チケットを貰い、エレベーターでまずは二階へ。

 

f:id:travelergram:20200630180319j:image

展望階へ行く前に写真を撮るのですが、僕は一人で参加したため、こんなシュールな写真が撮れました(笑)

 

スタッフさん

写真チェックしま〜す!はい、OKです!!

はい、うまく撮れタワ〜

 

あ、あっっ、ありがとうございます(笑)

 

なんとも言えない空気にしてしまいました。

すみません。(笑)

 

こちらのスナップ写真は無料で貰えました。

背景の合成写真は500円で買えたみたいですが、

さすがに一人の写真は、、、って感じなので、辞めておきました。

 

✔️エレベーターの様子

f:id:travelergram:20200630180727j:image

エレベーターは足元に立つ位置がマークされていました。

 

f:id:travelergram:20200630180755j:image

訪れたのは、土曜日の午後6時頃でしたが、人はあまりいなくて、エレベーターも一人でした。

 

一気に展望台まで上がっていきます。

 

✔️展望台へ

f:id:travelergram:20200630181037j:image

いきなりですが、登ってみるとこの絶景。

 

正直、通天閣なんて、しれてるやろ、、、と自分の中で何か疑っていた心がありましたが、本当にこの絶景には驚かされました。


f:id:travelergram:20200630181224j:image

ちょうど夕日も綺麗で、いい景色が観れました。

 

f:id:travelergram:20200630175437j:image

そして、ビリケンさんとのツーショット。

現在はビリケンさんを触るのは禁止でエアータッチです。

 

下の階の展望台も行ってみました。

f:id:travelergram:20200630181657j:image

いやーなんと綺麗な景色。

素晴らしい。

 

f:id:travelergram:20200630181913j:image

よく見てみると、宿泊したFP HOTELSさんも確認できました!

 

✔️階段で降てみる

f:id:travelergram:20200630182041j:image

エレベーターの密を避けるためか、階段で降りれるみたいなので、降りてみました。

 

400段ほど階段があるそうなのですが、運動も少し兼ねて降りてみることに

 

f:id:travelergram:20200630182150j:image

この景色がずっと続きます。(笑)

 

f:id:travelergram:20200630182230j:image

途中でこんなものを発見。

結構来たと思ったらまだここかい。

 

✔️通天閣庭苑

f:id:travelergram:20200630182416j:image

もう少しで出口と言うところに、こんなものを発見しました。


f:id:travelergram:20200630182406j:image

まさか、こんな日本風の庭園が通天閣にあるなんて、びっくりです!!

 

✔️出口へ到着

f:id:travelergram:20200630182616j:image

やっと400段ほど降りて出口へと到着です。

 

いやー、通天閣がこんな素晴らしい景色だったとは知らんかったな〜

素晴らしい体験を、させてもらいました!

 

観光をあまりしない僕ですが、少し絶景にハマってしまったかもです。

 

スカイツリーも登ったことないんで、一度は行ってみたいですね〜

 

本日はここまで〜

では、また明日!!

【夢の時間】おのださんと面会!!

f:id:travelergram:20200629133400j:image

どうもトラベラーグラムのゆーやです。

 

本日はおのださんとの面会の様子をお届けします!!

 

 

✔️5分の面会

 

オフ会を開催するとなった時に動画を上げられていましたが、その時は10分くらい時間は取れるのではないかとおっしゃられていましたが、あまりにも予約が殺到したため、当初の10分から5分間となりました。

 

いつの時間帯がいいのか、チェックインの時に聞くということでしたので、楽しみは翌日に取っておこうと、2日目と希望時間を伝えて、面会を設定しました。

 

✔️おのださんのモーニングアナウンス

f:id:travelergram:20200629133944j:image

朝の8時くらいから音楽が鳴り出し、

おのださんのモーニングアナウンスがありました!

 

もうこんな経験は一生ないでしょうw

貴重なモーニングアナウンスでした!

 

✔️二階で朝食

f:id:travelergram:20200629221113j:image

密を避けるために、朝食も時間ごとにしっかりと設定されており、スタッフの方がテーブルまで持ってきてくださいました。

 

最近、朝ご飯を食べることが少なかったので、やっぱり朝ご飯を食べると元気が出るなーと実感です。

 

非常にバランスの取れた朝食ができ、満足です。

 

✔️チェックアウトは11時

 

チェックアウトは11時までなので、少し余裕はあります。

 

10時半にチェックアウトをして、面会まで時間があったで、一階のロビーで少し時間を潰そうとしましたが、ちょうどその時間におのださんが空いていたのでもし良ければ、どうですか?とスタッフの方に言っていただき、さっそく面会を始めることに。

 

✔️面会開始

 

5分でいろいろ話しましたが、全ては掲載できないので、ほんの一部だけ、お伝えさせていただきます。

 

おそらく100組以上の面会を終えていたにも関わらず、

真剣にお話に向き合っていただきました。

 

緊張することはわかっていたので、いろいろとメモで用意していましたが、

やっぱり緊張して、テンパりました(笑)

 

まずは軽く自己紹介をして、海外によく行くことや、ブログをしていることをお話しました。

 

そして、学生時代に130回飛行機に乗ったことや、僕の出入国表を見せると、

 

周遊されてたんですか?

 

東欧などを中心に行っていました。

 

南ヨーロッパとかはないんですか?

 

はい、そこが唯一なくて、是非行ってみたいと思っております。 

 

ここで、少し質問してみました。

 

おのださんのお勧めの国ってどこですか!?

 

これだけ行かれてたら、、、マイナーな国がお好きのようですね、、、

マルタって行ったことあります?

 

あ、まだないですね、、、

 

マルタいいっすよ!!

是非行ってみて下さい!

 

との意見をいただきました!

 

確かに僕にマルタっていう選択肢はなかったです。

さすが、おのださん、的確なアドバイスをいただきました!

 

他には将来のお話や、おのださんの行ったことのない国のお話など、

本当に夢の時間はすぐに去っていきました、、、。

 

そして、最後に写真を撮っていただき、クリアファイルをいただきました!

f:id:travelergram:20200629220220j:image

これは自分にとって一生の思い出です!

こんなに時間が早く過ぎるのは初めてでした!

 

またいつか旅先で出会えることを願っております!!

 

おのだ様、FP HOTELS様このような素晴らしい機会を作ってくださり、

本当にありがとうございました😊