トラベラーグラムの海外ブログ 【毎日更新中】

毎日、海外や外国語のことについて書いています。

学校帰りにそのままソウルへ【徹底解説 part3】

f:id:travelergram:20200622084532j:image

どうもトラベラーグラムのゆーやです。

 

本日は昨日に続き、学校帰りにそのままソウルへ。

最終編になります。

 

Part1,2をまだ見ていない方はこちらからどうぞ!!

👇👇

www.travelergram.jp

www.travelergram.jp

 

学校帰りに海外へ行くまとめ記事はこちらからどうぞ!!

👇👇

www.travelergram.jp

 

では、マクドナルドに行った後の様子をお届けします!

さっそく見ていきましょう!!

 

 

 

✔️明洞を少し歩く

f:id:travelergram:20200622164708j:image

f:id:travelergram:20200622164715j:image

ソウルの有名な観光地といえば、明洞ですかね。

少し歩いてみたいと思います。

明洞らへんになると、平日問わず人が多いですね。

 

f:id:travelergram:20200622164908j:image

人が多いなー。

屋台みたいなのがたくさん出ています。

少し食べたいものを発見。

 

✔️オレオのチュロス

f:id:travelergram:20200622165021j:image

f:id:travelergram:20200622165309j:image

いやいや、こんなの初めて見た!!

 

僕がこの世で一番好きなクッキーはオレオです。

僕のなかでオレオに勝てるクッキーは存在しません(笑)

 

そんな大好きなオレオがチュロスになってるとは!!

 

さっそく買ってみよう!!

 

f:id:travelergram:20200622165425j:image

 

確か当時、一本3000ウォン(300円)くらいだったかな。

安くはないけど、味は最高。

 

またまた「おいしい。」しか言ってませんが、あのオレオのクッキーのサクサク感がおいしさそのままでチュロスのサクサク感に変わってます。

 

日本でもあるようですが、まだまだ少ないみたいです。

 

✔️アディダスショップへ(番外編その1)

f:id:travelergram:20200622165934j:image

動画には撮っていませんでしたが、アディダスショップへと行って

スニーカーを購入しました。

 

日本ではオンラインで抽選、もしくはメルカリなどから購入するなど、

なかなかショップでは購入しづらいスニーカーがソウルのアディダスショップで売っていたので、購入しました!!

 

お値段は30000円ほど、、、。

Σ('◉⌓◉’)

 

カジノへ(番外編その2)

 

実はこの時カジノにも行っていました。

 

なんと、賭けた3000円が10000円になったので、

7000円くらい勝ちました!!

結構負けが続いていたので、嬉しかったですね!!

 

カジノのまとめた記事はこちらからどうぞ!!

👇👇

www.travelergram.jp

 

✔️そろそろ空港へ

f:id:travelergram:20200622170531j:image

f:id:travelergram:20200622170716j:image

そうそう、明日の朝の飛行機なので、空港オールをソウルでもしましょう!!

 

ちなみに仁川空港は24時間オープンのようです。

 

釜山ではまさかの24時間オープンではなく、大変な思いをしました、、、。(T . T)

👇👇

www.travelergram.jp

 

✔️空港到着

f:id:travelergram:20200622171041j:image

f:id:travelergram:20200622171100j:image

 

やっと空港到着。

 

AREXに乗らずに普通の地下鉄でソウル市内から仁川空港まで行くと結構時間かかるんですよね、、、。

 

まぁそれはともあれなんとか無事に空港到着。

 

とはいえ、やることないんで、動画の編集でもしますか。

 

f:id:travelergram:20200622171232j:image

たった3分半しかできない超ど素人編集者。笑

撮影はともあれ、編集がいかに大変かを身をもって体感。

 

✔️ようやく搭乗

f:id:travelergram:20200622171440j:image

帰りも同じくTway関空へと向かいます。

およそ2時間ほど。

座った瞬間寝ていました。そして起きたらもう関空でした。(笑)

 

✔️関空に無事到着

f:id:travelergram:20200622171830j:image

関空寒いはずなのに、なぜかあまり寒さを感じない。

ソウルがいかに寒いかを実感。

これ以来ソウルには行ってないです、、、。

ソウルにも久々行ってみたいですねー。いつ行けることやら、、、。

 

✔️NGシーン??

f:id:travelergram:20200622172146j:image

f:id:travelergram:20200622172138j:image

僕の場合特に台本もなく思いつきで喋っていました。

 

いざカメラを向いて喋るとなぜか「自分が言おうとしてること何やっけ?」って頭がこんがらがります。

 

YouTubeをやっていくのがどんな大変なことか本当にわかりました。

 

毎日投稿している人は本当に尊敬します。

僕もそんな日が来るのかなーーー笑

 

ソウルの記事、3日間いかがだったでしょうか?

 

今後もYouTube動画の解説だけでなく、海外の知られざる情報などもしていきますので、よかったら読者登録よろしくお願い致します!!

学校帰りにそのままソウルへ【徹底解説 Part2】

f:id:travelergram:20200621154510j:image

どうもトラベラーグラムのゆーやです。

 

本日は昨日に続き、学校帰りにそのままソウルへ行ってみた。Part2をお送りします。

 

Part1の記事をまだみてない方はこちらのリンクからどうぞ!!

👇👇

www.travelergram.jp

 

また学校帰りに海外へ行くまとめ記事はこちらからどうぞ!!

👇👇

www.travelergram.jp

 

それではさっそく続きを見ていきましょう!!

 

 

 

✔️アウトレットへ向かうために最寄駅へ

f:id:travelergram:20200621171942j:image

天気はなかなか良さげ。

ただ気温はやっぱりマイナス近くで寒めです。

 

f:id:travelergram:20200621172110j:image

実は駅に行く前に円からウォンへの両替を銀行で行っています。

それから、コンビニで少しエナジードリンクを購入。

味は 、、、覚えてない。     すみません。

 

✔️アウトレットの最寄駅に到着

f:id:travelergram:20200621172407j:image

さっそくタクシーでアウトレットへと向かいます。

 

f:id:travelergram:20200621172457j:image

僕自身、韓国語は全く喋れません。

アニョハセヨ、カムサハムニダ、ネー。

くらいしか本当に知りません。

 

正直、韓国行っても、あー韓国語喋れたらなーって感覚になったことがないんですよね、、、。

 

だいたいの街には日本語表記か漢字の表記あるし、店の人は日本語喋れる人も多いし、若い人なら英語が普通に通じる。

 

中国とかだと、そういった事はなくて、やっぱり中国語勉強しよう、、、。ってなるのですが、韓国では勉強しなくても通じるので、まぁいいかってなっちゃいます

 

✔️アウトレットに到着

f:id:travelergram:20200621173401j:image

そうそう、この日は金曜日

僕は金曜日は全休だったので、学校の授業は問題なし。

平日の旅行はいいですね。人が本当に少ない。

 

アウトレットもガラガラです。

 

f:id:travelergram:20200621173608j:image

アウトレットは至って日本と変わらず、同じ雰囲気。

まぁもう一通り見たし、次行くか、、、。

 

アウトレットの位置はこちら

👇👇

 

✔️マクドナルドへ行こう!!

f:id:travelergram:20200621173808j:image

f:id:travelergram:20200621173818j:image

      That's right !!

韓国に来たら必ずマクドへと行きます。

プルコギバーガーを食べて感動した日を忘れることはありません!!

 

またタクシーで折り返して、地下鉄で明洞のマクドへと向かいます。

 

✔️マクドへ到着

f:id:travelergram:20200621174136j:image

明洞のマクドへと到着。韓国にもマクドはたくさんあります。

僕にとって、こんなありがたいことはないでしょう

 

f:id:travelergram:20200621174009j:image

プルコギバーガーは日本で言うチキチーとかと同じ分類で、

200円(2000ウォン)のバーガーです。 

そのため、あまり大きくはありませんが、これが美味しいんですよ、、、。

 

✔️実食

f:id:travelergram:20200621174706j:image

プルコギバーガーとご対面!!

 

f:id:travelergram:20200621174948j:image

一見冷静さを保っているようですが、心の中ではマックスの音量で

うめぇーーーーー!!って叫んでます。

 

いや〜〜誰かに伝えたい。

このプルコギバーガーのおいしさを。

 

食のおいしさの共感ができないのは

ぼっちの辛さです。(笑)

 

何度か伝えてますが、世界で何十カ国もマクドを食べてきましたが、

僕自身はプルコギバーガーが世界で一番おいしいと思っております。

 

もう半年くらい食べてない、、、。

早く食べて〜〜

 

本日はこれくらいにしておきます。

明日また続きを記事にしていきます。

 

先に続きを見たい方はこちらから!!👇👇

では、また明日〜〜

 

学校帰りにそのままソウルへ【徹底解説Part 1】

f:id:travelergram:20200620075737j:image

どうもトラベラーグラムのゆーやです。

 

本日は学校帰りにそのままソウルに行ってみた。

ことについてお話ししたいと思います。

 

少し長くなりそうなので、何回かに分けたいと思います。

 

学校帰りに海外に行くことはこちらの下記のリンクにまとめていますので、こちらも見ていただけると幸いです。

👇👇

www.travelergram.jp

 

では、さっそく見ていきましょう!!

 

 

 

✔️4限まで授業後空港へ

f:id:travelergram:20200620080128j:image

学校のある枚方市駅から、京橋へと京阪で向かい、そこからJRにて、関空まで一気にいきます。

 

京橋駅の音を聴くと関空によく行っていたのを思い出します。

 

さすが音鉄。(笑)

f:id:travelergram:20200620080306j:image

無事に関空へと到着です。

 

✔️チェックインから搭乗まで

 

f:id:travelergram:20200620080423j:image

赤のパスポートに変えてから使うのは3回目。

まだまだ新鮮さが残ってます。 

そして、無事にチェックインが完了し、少し撮影。

 

f:id:travelergram:20200620080526j:image

初登場!!(笑)

 

撮るのは全然いいんですけど、独り言を言ってるみたいで、

YouTube撮影ってこんなに大変なんだなーって思ったのを覚えてます。

必死に誰もいないところに行って撮影したのを覚えています。

 

✔️搭乗開始!!

f:id:travelergram:20200620080829j:image

こちらが今回搭乗する飛行機。Twayという航空会社です。

いつも釜山に行く時はピーチばかり使っていたので、初めての搭乗です。

 

f:id:travelergram:20200620080922j:image

なんとか無事に搭乗が完了。

ソウルまで2時間ほど。

寝て起きたらもう着いている感じです。

 

✔️ソウル到着!!

f:id:travelergram:20200620081127j:image

ソウルに到着。

ただ、一つ残念なことが。

 

入国のスタンプがソウルではもらえない、、、。

 

パスポートのスタンプマニアの僕ですが、スタンプがもらえないのは少し残念、、、。

 

釜山では今年の1月でも貰えました。

 

まぁページの節約になったと捉えよう。

 

✔️Wi-Fiをレンタル

f:id:travelergram:20200620081357j:image

この時からSIMカードを日本で先に買っておくという手段があるのは知っていましたが、間に合わなくて、もう面倒くさかったので、ソウルの空港でWi-Fiを借りることに。

 

日本とは違って激安です。

 

✔️地下鉄でホテルへ

f:id:travelergram:20200620081559j:image

もう日付が変わる前だったので、電車はもう走ってないかなと思っていましたが、

なんとかギリギリ間に合いました。

 

電車に揺られて数十分ほど。

ホテルの最寄駅に到着です。

 

✔️寒さを舐めすぎた

f:id:travelergram:20200620082004j:image

f:id:travelergram:20200620082012j:image

 

あー鼻水が止まりません。どうすればいいんだーー。

 

ダウン着てきてよかったー。

とはいえ、ジーパンのみは足元キンキン。

 

ちなみに気温なのですが、、、

f:id:travelergram:20200620082214j:image

ー7℃ 

Σ('◉⌓◉’)ひぇえええ

 

 

✔️ホテルに無事到着

f:id:travelergram:20200620082553j:image

なんとか無事にホテルに到着。

今回は迷うことなく到着。

 

ホテルのスタッフのおじさんは、少し日本語を話せたので安心。

 

✔️お腹が空いたのでコンビニへ

f:id:travelergram:20200620083141j:image

ソジュというお酒。ブルーベリー風味を買いました。

 

f:id:travelergram:20200620083255j:image

それと、サンドイッチを購入。

 

どうやら後ほど、韓国人が僕の動画を見たらしく、

ソジュはラッパのみしないと言われました(笑)

 

なぜかホテルではなく、

−7℃の中外で食べるという謎理論。

 

その後ホテルで就寝です。

 

翌日の様子は明日伝えます。

 

先に続きを見たい方はこちらからどうぞ!!

効果音の使い方などが下手ですが、お許し下さい、、、。 

 

本日はここまで!

では、また明日!!

なぜ中国はGoogleなしで生きていけるのか!?【サイト紹介】

f:id:travelergram:20200619172857p:plain

どうもトラベラーグラムのゆーやです。

本日は

なぜ中国はGoogleなしで生きていけるのか?こういったテーマについてお話ししていきます。

 

おそらく、現代においてほとんどの人にとってGoogleのサービスを使わずに生きている人はいないかと思います。

 

しかし、Google禁止の中国にはどんなサイトやアプリがあるのかお伝えしていきます。

 

VPNは使わないという前提でお話しします。

 

 

 

✔️Google百度

 

現代において、何か調べ物をするときも、"ググる"という単語が

できてしまったほど、Google検索に私たちは頼って生きています。

しかしながら、、、

中国ではGoogleが使えないので、"ググる"という概念はないです。

 

もちろん中国には別の検索エンジンが存在します。

 

それが百度です。

f:id:travelergram:20200619175749j:image

僕自身は中国に旅行する時はまずはGoogleで調べて日本語などで検索をしますが、それでも出てこない場合のみ百度を使っています。

 

それらの情報は中国語しかありませんが、Googleにはない情報が出てくることがありますので、非常に便利です。

 

✔️Googleマップ百度地図

日本で、道に迷ったとき僕が必ず使うのはGoogleマップです。

僕はiPhoneに入っている地図アプリはあまり使いません。

 

Googleマップ自体は中国でGPSを掴むので使えることは使えますが、少しずれていたり、店の情報が不十分だったりと、なかなか使いづらいです。

 

そもそもGoogleマップ自体中国ではダウンロードができません。

 

上海でその件で迷ったことを書いた記事がありますので、こちらからどうぞ👇👇

www.travelergram.jp

 

そこで、登場するの百度地図です。

f:id:travelergram:20200619180850j:image

こちらは日本でも使えるようです。なお、中国語しかありません。 

しかし、こちらを使うと、Googlemapのような中国国内での地図のズレもなく非常に快適に使えます。

 

✔️YouTubeYouku优酷など

 

YoutubeGoogleサービスの一つです。

この時代において、ますます動画の需要は上がってきています。

 

暇ならYouTubeを見る。

もはや、YouTubeを見るのが趣味という人まで。

僕のことです。(笑)

 

お金もかからないし、面白い動画が毎日更新され、こんな最高のサービスが使えないなんて、中国ではどうしてるんだろう、、、、。

 

当たり前ですがそんな中国にもYouTubeに負けない動画サイト、アプリがあります。

f:id:travelergram:20200619182045j:image

 

こちらが优酷のアプリになります。

中国国内向けのアプリですので、中国語しかありません。

日本を紹介している動画も多く、ライバルの多いYouTubeの配信ではなく、

优酷で配信すれば、人気になれるかもしれませんね。

 

f:id:travelergram:20200619182518j:image

 

ちなみに、僕は西瓜视频という動画アプリで中国の動画をたまに見ています。

(ちなみに日本語訳をするとスイカビデオです。)

何を見ているかというと、昨年よく行っていた、深圳の华强北の様子などがYouTubeよりも何倍もタイムリーに上がっているので、たまに見ています。

 

他にも中国には、Bilibili動画や、テンセントビデオなど、非常に多くの動画サイト、アプリが存在します。

 

✔️番外編LINE=WeChat

f:id:travelergram:20200619183237j:image

LINE中国では使えません。

 

そこで登場するのが、Wechatというトークアプリです。

僕の中国の友人でWechatを使っていない人はいないです。

日本で言うLINE使ってない人と同じくらいの割合で普及しています。

またWechatの電子マネーで払うのも当たり前になりつつあります。

 

支払いなどはAlipayを使うこともあります。

Alipayの登録方法の記事も書いてますので、こちらからどうぞ👇👇

www.travelergram.jp

 

✔️番外編Facebook,Twitter =微博 

f:id:travelergram:20200619184033j:plain

中国には微博という中国版のSNSがあります。

こちらは、公式アカウントが多数存在し、僕が好きなカテゴリーでいうと、サッカーチームなどの公式アカウントも存在します。

 

過去には僕がバイエルンの公式アカウントに載ったこともあります(笑)

その様子はこちらからどうぞ!!👇👇

www.travelergram.jp

 

✔️なぜGoogleに対抗できる?

 

最初にも書いたように、日本においてはGoogleを使わない人はほとんどいないと思います。

しかし中国ではVPNを使えば、Googleを使えますが、ほとんどの人は使いません。

それは、VPNに繋ぐのが面倒というのもありますが、それ以外にも理由はあるはずです。

何点か考えられる理由をあげてみます。

 

☑️サービスの充実

最初にいくつかのアプリや、サイトのサービスをあげたように、Googleに代わるサービスが中国では多数存在しGoogleを使う必要があまりないようです。

☑️Googleに中国語の情報が国内向けサイトより少ない

Googleには中国語の情報や、動画などが中国のサイトに比べると非常に少なく、わざわざGoogleを使うメリットが少ないようです。

☑️中国の人口の多さ

中国では人口の数は14億を超えます。

世界ではインドを除き、すべてが4億以下の人口の国家です。

そのため、中国に向けて集中的に良いサービスを作れば、何億人もの人がそれらのサービスを使ってくれます。

世界に目を向ける必要はないとは、言えませんが、中国国内だけでも充分な価値があるかと思われます。

それにより、企業が潤えば、また中国に向けていいサービスを作るまた企業が潤うまた中国に向けていいサービスを作る、、、

人口が多いからこその良い循環ができているようです。

 

✔️まとめ

 

中国にはこれらのような多くの国内向けサイト、アプリが充実しており、Googleなしでも生活できるようです。

 

しかし、それらのサービスはあくまでも中国国内向けなので、僕自身が中国に行ってGoogleサービスなしで旅行をしてみるとやっぱりキツかったですね。

 

普段どれだけGoogleのサービスを使っているのかが身に染みました。

 

今後中国国内でどんな国内向けサービスを作っていくのか期待したいところです。

 

本日はここまで、ではまた明日〜〜

 

旧ソ連式アパート【フルシチョフカ】に泊ってみた

どうもトラベラーグラムのゆーやです。

 

本日はロシア式アパート【フルシチョフカ】に泊ってみたお話をしていこうと思います。

 

フルシチョフカとはいったい!?!?

ではさっそく見ていきましょう!!

 

 

 

そもそもフルシチョフとは!?

 

1960年代ソ連で政府によって建設された集合住宅の通称である 

ja.wikipedia.org

 

このwikipediaによると、人口が密集する都心部にこれまでの住宅建築方式だと間に合わず、低コストで、すぐにできる住宅を造るように求め、その結果、このようなスタイルができたようです。

 

 そんなフルシチョフカにAirbnbで泊ることになりました。

 

僕が泊ったフルシチョフ

www.airbnb.jp

 

こちらのリンクで見ていただきたいのですが、

めっちゃきれいじゃないですか!?!?  

おそらく最近リフォームしたようです。

 

ヨーロッパに多いバスタブなしでシャワーだけかと思いましたが、バスタブもしっかりとありました。

 

ただ、外観はあまり新しいようには見えず、旧ソ連時代にできたんだろうなーと思われます。

また外に繋がるドアはとても重たく、少し古さを感じます。

 

しかしながら、住むには充分すぎます。

 

エレベーターはほとんどない

 

 最近ではリフォームなども行われる部屋もあり、きれいなフルシチョフカですが、

いくつか住宅の機能性に問題があることもあります。

 

その一つがエレベーターは基本的にない点です。

 

エレベーターが必要ない基準として、5階までソ連の安全基準で定められました。

 

またエレベーターを設置するには多大なコストと時間を要します。

 

そのため、ほとんどが5階建てで

エレベーターなしのフルシチョフカがほとんどです。

 

 とはいえエレベーター付きのフルシチョフカも

f:id:travelergram:20200618181242j:plain

当時のインスタストーリーより

 

夏にはエレベーター付きのフルシチョフカにも泊りました。

写真を見ていただければ、わかりますが、なぜか上階に×のマーク。

なぜなのかは、僕もよくわかりません。

 

乗り心地ですが、しっかりと動きますが、

 

停まって扉が開く前にすこしガタンと揺れます。

結構恐いですww

 

暖房の温度設定ができない

 

多くのフルシチョフカではセントラルヒーティングシステムが採用されています。

そのため、冬でも室内では半袖でOKの場合も多いです。

 

しかし暑い場合に温度を下げるには

窓を開けて外気を取り込む以外はないかと思います。

そのため非常に温度調節が難しい造りとなっています。

 

なお、現在ではエアコンも完備しているフルシチョフカも多いため、以前に比べると温度調節もしやすくなっているようです。

 

まとめ

フルシチョフカいかがだったでしょうか?

 

昔は旧ソ連圏に友人がいないと泊まることは難しかったですが、

現在ではそれらの物件にAirbnbを中心に泊ることができます。

 

現在は貸し出し用にリフォームされているところも非常に多く、

値段も一泊2,500円くらいと格安のところもあるのでおすすめです。

 

旧ソ連圏に行ったらぜひ、フルシチョフカに泊ってみてください!!

 

本日はここまで!

ではまた明日!!

【なぜ!?】シンガポールのお釣りがブルネイのお金!?

f:id:travelergram:20200617192601j:image

どうもトラベラーグラムのゆーやです。

 

本日はシンガポールでお釣りでブルネイのお金を渡されたお話をしたいと思います。

 

では、さっそく見ていきましょう!!

 

 

 

✔️お釣りが渡されるまで

 

友人と遊んでいて、何かを買ったときに、少し変わったお札をもらいました。

 

そして、友人に尋ねます。

 

「これってシンガポールドル?」

 

友人

「違うけど、大丈夫。」

 

Σ('◉⌓◉’)ナニソレ!?!?

 

✔️ブルネイの通貨を確認

 

f:id:travelergram:20200617193308j:image

(2020年6月17日時点)

1ブルネイドル76.91円 

 

ふむふむ。なるほど。

 

✔️シンガポールドルは?

f:id:travelergram:20200617193527j:image

(2020年6月17日時点)

 

1シンガポールドル77.06ドル

 

Σ('◉⌓◉’)

ちょっとレート違うくね!?!?

 

✔️シンガポールで実際に使ってみる

 

ちょうどMRTのカードの残高がなくなったので、

チャージしようかと思います。

 

ブルネイドルを入れると、、、。

 

ウィーン。ピロ。

 

お札が返ってくる。

認識しない!?

 

たまたまなのか??

 

✔️スタッフの元へ

 

「チャージしたいんですけど、、、」

 

スタッフ

「あーブルネイドルか。ちょっと待って。はいよ。」

 

すぐにチャージ完了。

 

なぜか機械では認識しなかったけど、普通に使えた!!

 

✔️なぜブルネイの通貨がシンガポールで使える!?

 

理由は簡単で、、、

 

 

シンガポールブルネイの間で

通貨協定が結ばれているから。 

なんです。

 

結構前まではマレーシアも入っていたそうですが、マレーシアが破棄し、現在のシンガポールブルネイだけになったそうです。

 

当たり前ですが、逆のパターンも同じで、ブルネイでもシンガポールドルが使えます。

 

ja.wikipedia.org

 

✔️まとめ

 

シンガポールでは、ブルネイのお金が使えます。

 

なぜなら、

お互いに通貨協定を結んでいるから。

でした!!

 

とはいえ、こんな感じの国って珍しいですよね。

 

他の国でも使えるお金ってユーロくらいしか思いつきません。

 

南米でも、すべてお金の通貨は違います。

 

クレジットカードを持っておくのが1番無難かもしれません。

 

それでも、クレジットカードが使えない小さな店や、屋台もありますので、シンガポールに行った時には現金が必要かと、、、。

 

それでお釣りでブルネイドルが返ってきても、焦らないで大丈夫です👌

 

シンガポール内であれば、普通に使えますので、ご安心を!

 

ただ、旅行帰りに、日本で日本円に替えるときにブルネイドルは変えられず、シンガポールドルしか替えられないことがありますので、できれば、シンガポールドルを持っていた方がいいかと思います。

 

この記事が誰かの役に立てば幸いです!!

 

本日はここまで!

では、また明日〜〜 

【疑問】中国語のスマホキーボードの打ち方?

どうもトラベラーグラムのゆーやです。

 

本日は中国語のキーボードの打ち方についてお話したいと思います。

 

日本だとローマ字打ち、もしくはカナ打ちがキーボードに書いているので、できますが、中国語では一体、どのように行なっているのでしょうか?

 

ではさっそくみていきましょう!!

 

 

 

✔️基本はピンイン

 

中国語の記事については、こちらでも扱っていますので、こちらもご覧ください。

↓↓

www.travelergram.jp

中国語は音をローマ字で表す、ピンインというものがあります。

 

f:id:travelergram:20200616073723j:image

ニーハオのni haoとピンインを打ってみます すると、変換の候補欄に、你好と出てきます。そんな感じで、ピンインを打ち込めば、変換候補が出てきて、打っていくって感じです。日本語のローマ字打ちにも似てますね。

f:id:travelergram:20200616073957j:image

人によっては、テンキースタイルで打ち込む人も。

こっちの方が分かりにくい気がしますが、僕が見てきたなかでは、このまま打つ人も多いです。

 

やっぱり慣れなのでしょうかね、、、。

 

じゃあピンインがわからなければ?

 

✔️手書き入力

 

漢字はあまりにも多いですよね。

いくら簡体字とはいえ、覚えるにも限界があります。

もちろん似ているピンインもあるので、どんなピンインだったっけ?

ってなることも多いはず、、、。

 

そんな時に便利なのが、手書き入力!!

f:id:travelergram:20200616074355j:image

なんと、このキーボードがあるはずの空欄に手書きで指で漢字を書く書きます。

すると認識して、漢字の候補が、、、!!

そこから選んでいきます。

 

✔️部首で作る?

f:id:travelergram:20200616075319j:image

こちらはあまり使っている人を見たことはありませんが、こんな入力方法もあるようです。

 

上の3つを打ち込むと【才】という漢字が出来あがりました。

 

んー、これは使いにくそう、、、。

 

✔️ボイスメッセージ

 

もうお分かりかと思いますが、中国語で文字を入力するのは非常に手間のかかる作業な訳です。

 

そのため、多くの中国人は入力するのが面倒なので、ボイスメッセージを送ります。

 

よく中国人が電話をしているわけではなく、携帯に声だけを喋って送っている光景を見たことはないでしょうか?

 

あれってボイスメッセージなんです。

 

f:id:travelergram:20200616074847j:image

中国語版のLINEこと、WeChatには、キーボードよりも先に押したまま話すが優先されて出てきます。

 

キーボードは二番手なんです。

 

✔️台湾の中国語は異なる

f:id:travelergram:20200616075605j:image

台湾ではピンインは使われておらず、注意符号という音を表す文字を使って打ち込みます。

 

僕自身は台湾の中国語は勉強したことがないので、なんとも言えません。

 

ただ、台湾でもボイスメッセージを使う人は少なくないようです。

 

✔️まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

中国語のキーボードの打ち方といっても多種多様です。

 

パソコンの場合はピンインが基本です。

 

また、台湾の場合は注意符号がキーボードについています。

 

なお、僕がよく使うのは手書きです。

 

ピンインは似ていて区別が付かないものが非常に多いので、やっぱり漢字の形を覚えるのがベストですかね、、、。 

 

本日はここまで!!

ではまた明日!!