【10日に1回飛行機】トラベラーグラムの海外ブログ 【毎日更新中】

毎日、海外や外国語のことについて書いています。

ルクセンブルクへ。

どーもトラベラーグラムのゆーやです。

本日はルクセンブルクへ行ったお話です。

 

デンマークからポーランドへと戻り、次にどこへ行こうかと迷っていました。

 

で、僕が決めた基準としては、一回の飛行機で、なるべくたくさんの国に行くことができる国っていうのが条件でした。

 

例えば、デンマークだって、一回の飛行機で、スウェーデンにも行けましたし。

そっちの方がコスパいいですよね。 

 

なので、色々な国に行ける、小国のルクセンブルクに行こうと思ったわけです。

 

ルクセンブルクってどこにあるか知ってます??

ルクセンブルクって、ドイツ、フランスに挟まれ、ベルギーと繋がってます。

 

とりあえず、まずは、ルクセンブルクを観光しようと思い、ルクセンブルク市内へ向かいます。

(後ほど、フランスとベルギーにはある方法を使って行きます。それは次回で)

 

ポーランドワルシャワから、ドイツのミュンヘンを経由して行くはずが、まさかのキャンセル。

 

しかし、ラッキーな事に、ルクセンブルク行きへの直行便があったので、そちらに搭乗。

 

およそ2時間ほとで着きました。

天気はあまりよくなく、曇りのち、雨模様。

 

空港からバスを使って、予約していたゲストハウスへ向かいます。

ここも一泊4000円以上しました。

ルクセンブルクも物価はなかなか高いです。

いつも千円ちょっとで泊まっている僕にとっては4000円以上は、とても高いです。

 

そして、着いてから、いつも通り適当に市内を廻ります

f:id:travelergram:20200210221516j:image

f:id:travelergram:20200210221513j:image

こちらもヨーロッパを感じられる建物がたくさんです。

 

f:id:travelergram:20200210221742j:image

f:id:travelergram:20200210221746j:image

まるで何かの物語の中にいるよう。

 

そして、言語が面白い。

公用語ルクセンブルク語、フランス語、ドイツ語。

 

東に行けば、フランス語が使われて、よくフランスや、ベルギーのナンバーが走っていた。

 

西の方では、ドイツ語が使われているよう。

日本では本当に有り得ない世界。

 

ルクセンブルク語は聞いたことがないです、、、。

実用的にに使われているのでしょうか?

(ご存知の方は教えてください。)

 

空港のアナウンスは、フランス語、ドイツ語、最後に英語が流れる。

こちらもシンガポール同様にバイリンガルの人が多い様子。

 

なぜ、この事実がわかったと思います?

実は翌日に自転車でルクセンブルクから、フランスベルギーへと向かったからです。

ルクセンブルク国内でも、フランス方面へ進めば進むほど、フランス語しか聞こえません。

それはまた次回で。

 

本日はここまで。

ではでは( ^_^)/~~~