【10日に1回飛行機】トラベラーグラムの海外ブログ 【毎日更新中】

毎日、海外や外国語のことについて書いています。

イタリアでカモられた ※失敗談

どうもトラベラーグラムのゆーやです。

本日は昨日に続きイタリア、ローマのお話です。

 

今日はローマでやられた失敗談です。

少し強い表現で言っているところもありますが、皆様にこんな体験して欲しくないので、今回は少し強めの書き方です。

ご了承の程よろしくお願い致します。

 

ローマの街を1日で周りきれなかったので、次の日にもローマの街を周ります。

 

今日のメインはコロッセオです。

しかし、後ほど、このコロッセオにて、事件が発生します。

石畳が続く道をホステルからGoogleマップを頼りに歩き続けます。

そして、ようやくコロッセオへ到着。

f:id:travelergram:20200215212743j:plain

日本でも有名なコロッセオでは、やはり、生で見ると迫力があります。

とりあえず、一周するか。

中にもチケットを買えば入れるらしいですが、あまりにも長蛇の列だったため、時間の関係上諦めることに。

なので、周りからじっくりとコロッセオを眺めます。

眺めてること数分。

 

ある時声をかけられます。

 

イタリア人男性

你好。

 

いや、日本人な。

 

イタリア人男性

おーザッケローニザッケローニ

 

あー、

 

イタリア人男性

ちょっと手出して。

 

はいよ

 

するとイタリア人男性がミサンガを巻きつけきた。

 

イタリア人男性

カットカット。

 

他のイタリア人の男性が3人くらい出てきて、爪切りみたいなので、ミサンガを切る。

 

イタリア人の男性 3人くらい

はい、10ユーロ

 

あほか。

 

帰りそうになかったので、バカな僕は5ユーロも払ってしまった。

 

そのミサンガをつけていいことがなかったと言ったら嘘にはなるけど、まぁ必要ない。

完璧にやられた。

まだ銃とかナイフで脅された訳ではないし、まだマシな方だけど、まじでやられた笑

まぁいい勉強代か。(無駄な出費に違いはない)

 

事例はこれだけではない。

 

駅に着いて空港に戻ろうと切符を買おうとしてたら、

オッサンが、これやでって。親切に教えてくれた。

 

そして、そして、

 

ローマのおっさん

 

はい、チップちょーだい。

 

 

しばいたろか。(心の中で)

教えてとも言ってないのに、勝手に言ってきて、金を取ろうとする。

 

で、またこいつも帰りそうになかったので、50セントだけ渡した。

こんだけかよ。って顔で見てきやがった。

 

しばいたろか 2回目(こちらも心の中で)

 

それで、電車に乗ったら、車掌にこれは、もう一度発券しないといけないとか言い出した。

 

あのおっさん、まじで何やねん。

 

でも、この車掌も怪しい。 

 

だって、電車に乗る時も、降りる時も、その切符を駅員に見せたら、何も言われなかった。

 

他には、信号待ちしてる車に、僕より下手なやつが、リフティングとか頭にボール乗せて、それを見せて金くれアピール。

 

よくわからん奴ばっかり。

 

 

これもイタリアの文化だ。という人もいるだろうけど、確かにこれは文化。

それはそれで認める。別にこの文化を否定する訳ではない。

この文化が良いか、悪いかと感じるのは人それぞれ。

一番悪いのは、イタリアにこんな文化があるって知らなかった自分だと思う。

 

でも個人的にこの文化が、好きか、嫌いか、をいう権利は僕にもある。

 

はっきりいう。

 

僕はこんな文化が大嫌いだ。

 

せっかく楽しみにしていた、イタリアのローマ旅行。

そんな楽しみと期待を持って来た、観光客から、正当なサービスを提供もしていないのに、金をむしり取る。迷惑極まりない。

 

これは僕が日本人だからとかではなく、外国人の友達もローマでこんな目に合ったと言っていた。

 

もちろんローマには、いい人はいっぱいいたし、観光するところも多いし、いい思い出がたくさんできた。それと同時にこういう奴らのせいで、楽しかったローマ旅行に苦い思い出もできてしまう。

 

なので、これからイタリアのローマを旅行計画している人には、僕のような失敗は体験しないで欲しい。

声を掛けられても安易に近づかない。これが一番大切。

もちろん全員とは言わないけれど、観光客とばれていて、いきなり声をかけてくる人はだいたい避けたほうがいい。

そして、日本人ってわかった瞬間かもろうとしてくるので、日本人ってバレないようにすることも大切。 

 

イタリアへ旅行する際はくれぐれもお気をつけて。

(ローマ以外でもこんな事例はたくさんあるようです)

ではでは~~~

 

ps僕はたぶんもうローマには行かない。