【10日に1回飛行機】トラベラーグラムの海外ブログ 【毎日更新中】

毎日、海外や外国語のことについて書いています。

ロサンゼルスでラテンアメリカの街?

どうもトラベラーグラムのゆーやです

 

最近はずっとシンガポールや、マレーシアなどアジアの情報ばかりでしたので、本日は先日訪れた、ロサンゼルスのことについて書きたいと思います。

 

ご存知の通り、僕はサッカーが、好きなので、現地のサッカーショップによく訪れます。

 

そして、ロサンゼルスでもサッカーショップがあることは事前に調べていたので、訪れてみることにしました。

 

前も書いたように、早朝にマクドナルドを食べて、中指を立てられ(笑)、サッカーショップが開店する時間が来るのを待っていました。

UBERタクシーを使い、1番近い地下鉄の駅まで送ってもらいます。

 

駅からはハリウッドの文字が見えます。

f:id:travelergram:20200314144059j:image

 

そして、電車に乗る。

 

電車は比較的新しい感じ。

また、最初は地下ではなく、高層を走っていて、徐々に地下に入って行く感じ。

 

そして、地下に入って、乗り換えを行う。

そこには、寝ているホームレス、物乞いをする者など、日本とは全く違う駅の光景が広がっていた。

 

そして、目的の駅で降りる。

すると、そこはヒスパニックばかりの街。

 

英語は全く聞こえてこない。

 

まるで、ここはメキシコか、と思ったぐらい、のような雰囲気だった。

 

そして、目的のサッカーショップまで歩く。

途中で公園がある。

f:id:travelergram:20200314144525j:image

都会なロサンゼルスで少し落ち着いた雰囲気を味わえる。

 

f:id:travelergram:20200314144622j:image

そして、サッカーショップに到着。

店主はもちろん、メキシコ人。

会話はもちろんスペイン語で行う。

英語をたまに、話していたけど、非常にスペイン語なまりの英語。

 

どうやら、出身はオアハカらしい。

普通に優しい、陽気な、おじさんだった。

 

そして、商品を見ていて、入ってくる人はみんなヒスパニック。

誰一人として、英語を話す人物が入ってこない。

みんなメキシコスペイン語で話している。

 

というより、この地域に英語を話している人は誰もいなかった。

むしろ、英語話者がこの街を避けているのか?って思うくらいだった。

アメリカでこんなにスペイン語が使われているとは、思いもしなかった。

 

おそらく、アメリカに住んでいる以上は、彼らは英語も話せると思うけれど、あまり得意とはしていなさそう。なので、スペイン語で話すと喜んでくれる。

 

もし、ロサンゼルスを訪れる予定のある方は、少しスペイン語を勉強してから行った方が、より、ローカルな観光を楽しめるかも。

 

※ただ、この地域の治安はいいとは言えないです。

薬物中毒の人を何人も見ました。

 

本日はここまで!

最後まで、ご覧頂きありがとうございました!

ではでは(^^)/~~~