【10日に1回飛行機】トラベラーグラムの海外ブログ 【毎日更新中】

毎日、海外や外国語のことについて書いています。

初の長距離フライト。to デトロイト

どうもトラベラーグラムのゆーやです。本日は初めてアメリカに訪れた話です。(2016年8月のお話です。) 

 

(前回の記事では、飛行機がキャンセルになり、翌日なんとか飛べることになり、ようやく初のアメリカへと向かう準備が整ったところまで、お話しました。)

 

1日待った末、飛行機にようやく搭乗完了。

 

12時間近くのフライトは初めて。

 

※※僕は長時間じっとしておくのが大の苦手な人物である。

 

そのため、2時間近く座っておく必要のある映画は大嫌い、それもあって高校生活で、映画館に行ったことは一度もない。

 

大学に入学後は3回だけ。しかもその内2回は海外で。(ポーランドと中国)

 

当時は2DSで遊んでいたけど、やっぱり飽きる。

 

そして、機内食はこんな感じ。

f:id:travelergram:20200318180011j:image

 

結構機内食はまずいっていう印象持っている人が多いけど、僕自身は機内食をまずいって感じたことはない。

 

まぁ、基本的に高級な料理は一切食べないからかもしれない(笑)

 

寝たり、なんやかんや、そう、なんやかんやしてる内に、大体着く。(笑)

 

f:id:travelergram:20200318180735j:image

思ったより12時間は早かった。

 

そして、デトロイトにようやく到着。

 

いつもお世話になっている、アメリカの友人に迎えにきてもらい、そして、ホームステイもさせて頂くことに。

 

まずは、大型スーパーへと向かう。

 

f:id:travelergram:20200318180904j:image

たぶんコストコみたいな感じ。

 

初めて訪れた僕は、これがアメリカンサイズかと驚く。

 

そして、購入したステーキをいただく!

f:id:travelergram:20200318182513j:image

f:id:travelergram:20200318182538j:image

これが最高においしい!!

グリルの温度計。すごい技術。

 

機内食以外何も食べていなかった僕は、640gのステーキを軽く食べた。

 

まだ当時は、スポーツ体質の身体だったからかもしれない。今食べれるかどうかと言われたら、食べれないかも。

 

ただ、めっちゃおいしかった!!

 

フライト時間12時間ということは、もちろん時差がある。

日本とデトロイトの時差はなんと13時間。

 

全く日本と逆。

 

ここで、時差ボケも初体験。

 

とはいえ、人間の体は上手くできてるようで、太陽が昇って明るくなる頃には、身体が起き出す。

 

そして、暗くなり、夜になると眠くなる。

(とはいえ、デトロイトの夏は夜の9時くらいまで、明るい。)

 

思ったよりも、時差ボケを直すのは簡単だった。

 

はじめてのアメリカ。

 

この後のスケジュールに期待が膨らむ。

 

本日はここまで!!

最後までご覧頂きありがとうございました!!

ではでは( ^_^)/~~~