【10日に1回飛行機】トラベラーグラムの海外ブログ 【毎日更新中】

毎日、海外や外国語のことについて書いています。

多言語を操るサッカー選手まとめ

どうもトラベラーグラムのゆーやです。

本日は再び言語のお話をしていきたいと思います。

 

昨日こんな夢を見ました。(寝ている時の夢です。)

 

なぜか、中国語でインタビューされているジネディーヌ・ジダン中国語からスペイン語の通訳を任される夢を見ました(笑)

 

しかも、途中でわからん単語出てきて訳せねー、詰んだーーー。

って思ってたら、いきなりジダンが中国語喋りだして、サッカー以外もやっぱりすげーなーって思った夢でした。

 

もう一度言います。これは夢です。

 

なんでこんな夢見たのかわかりませんw

 

俺は通訳になれる。そんな過信一度もしたことありません。

 

ジダンは、もちろん中国語は話せません。

(ちなみにジダンは、フランス人ですが、スペイン語は話せます)

 

でも、これのおかげで、ブログのネタが浮かびました。

 

本当に多言語を話すサッカー選手はどれくらいいるのか気になりましたので調べて記事にしようと思いました。

 

多言語を話す3選手を選んでみました!! 

(日本人選手は抜きで、外国人プレーヤーに絞っています)

では見ていきましょう!!

 

 

1.ポグバ

フランス語

  

フランス語はもちろんネイティブです。

僕はいくらフランス語を聞いても、フランス語の発音やっぱりできない。。。

 

スペイン語

ポグバの妻は、ボリビアのようで、スペイン語は必須ですよね。

 

イタリア語

 ユベントスでプレーしていたポグバは、イタリア語も流暢に話します。

 

英語

プレミアリーグのインタビューでは英語が付き物です。

ヨーロッパの選手は大体英語で受け答えする選手が多いですが、南米の選手はスペイン語しか話せない選手が多く、スペイン語と英語を話せるチームメイトに助けてもらっている選手もいました。

 

まさかこんなに話せるとは、、、。

しかも普通にハイレベル。

サッカー以外の努力も半端ないんだろうなー。

 

ポグバが話せる言語

 

フランス語(母国語)

+

スペイン語

+

イタリア語

+

英語 でした!!

 

 2.イブラヒモビッチ

 

 まとまった動画がありました!!

 

最初にLAギャラクシーでの英語スウェーデンイタリア語でのインタビュー。

 

それから、ボスニアにルーツを持つ、イブラヒモビッチボスニアを話します。

 

PSGでプレーしていた頃の、フランス語によるインタビュー。

 

それから、最後にはバルセロナ時代のスペイン語でのインタビュー。

 

 なので

イブラヒモビッチ

 

英語

+

スウェーデン

+

ボスニア

+

イタリア語

+

フランス語

+

スペイン語 

を話せるようです!!

 

悪童と言われているイブラヒモビッチですが、彼の努力は計り知れないようです。

 

3.ムヒタリアン

ムヒタリアンアルメニアです。

アルメニアがどこかわからない人も多いかと思いますので、地図を載せておきます。

アルメニア語ではローマ字でもなくキリル文字でもなく、特殊な文字が使われています。

この国に行ったことはありませんが、来年には行くことになると思います。

それでは、ムヒタリアンの多言語動画を載せていきます。

 

アルメニア

言語マニアでも、これが何語か識別できないです、、、。

全くわからん、、、。

 

ドイツ語

ドルトムントの公式チャンネルでは、通訳なしで流暢にトークしています。

 

ロシア語

ウクライナシャフタールでプレーしていたムヒタリアンは、ロシア語を話します。

 

似ているウクライナも話せるとの情報もありましたが、動画が見つかりませんでした。

 

ロシア語が話せる要因としては、アルメニア旧ソ連国の一部だったということもあって広くロシア語が使われているようです。

 

ちなみにキリル文字ムヒタリアンМхитарянです。

 

イタリア語

いつの間にイタリア語が話せるるようになったのかは、わかりませんが、イタリア語のインタビューに対して、流暢に答えています。

 

フランス語

しゃべっているシーンは少ないですが、1:05のところから少しフランス語を話しています。

フランスで幼少期を過ごしていたため、フランス語はペラペラのよう。

 

英語

もちろん英語も話せます。

コシールニーも英語話せるようです。

 

スペイン語ポルトガル語も話せるらしいが、動画は見つからなかった。

 

なのでムヒタリアンの話せる言語は、、、

 

アルメニア

+

ドイツ語

+

ロシア語

+

ウクライナ語?

+

イタリア語

+

フランス語

+

英語

+

スペイン語

+

ポルトガル語? 

 

やばい、、、、。

しかも一般人じゃなくて、世界のトップレベルで戦うサッカープレイヤー。

言葉が出ない、、、。

 

まとめ

もちろん多言語を話すことがすべてではないけど、サッカーを海外でプレーしていくのに、多言語を話せることで、選手同士でコミュニケーションをとるのも容易になる。

通訳を通さないことで、自分の意志をそのまま伝えられるメリットもある。

サッカー、言語が好きな僕にとって本当に彼らを尊敬します。

言語の勉強頑張ろうとも思えてきました!

 

もし、この記事の評判がよかったら、多言語監督編もしくは、第二弾でもやろうかな!

 

本日はここまで!

最後までご覧いただきありがとうございました!

では、また明日!!