トラベラーグラムの海外ブログ 【毎日更新中】

毎日、海外や外国語のことについて書いています。

姓と名を逆で予約してしまった!※飛行機予約で大失敗?

どうもトラベラーグラムのゆーやです。

 

本日は飛行機のチケットを予約する際に、姓と名を逆で予約してしまった件についてお話ししようと思います。

 

 

 

予約するまで

 

ご存知の通り、僕は大学でプロぼっちと呼ばれる、好んで大学内を一人で過ごそうとする人物です。

 

(そのため、コンピューター室などで、一人で航空券を調べてみたり、将来の移住先や、海外のECサイトを永遠に見ていられる、超変人です。たぶん周りからもそう思われています。笑)

 

しかしながら、僕には、一緒に海外に行けるような関係の友人が2人だけいました。

 

どちらも、先輩と後輩で、こんな超自己中の僕と友達になっていただき、自分としては、本当に感謝しきれないほどお世話になっている方々です。

 

そんな友人と海外に行こうとなり、2018年の10月には韓国の釜山に弾丸で土日だけで旅行しました。

 

もちろん航空券は、自称、“格安航空券取得のプロ”である僕が担当しました(笑)

 

航空券の取り方は今後記事にしていこうと思います。(アルゼンチンまで往復13万で取った経験あり)

 

なかなか楽しかったので、また別の国に行こうとなり、僕のお得意のシンガポールに行くことになりました。

 

また航空券は、僕に任せるということになりました。

 

無事に予約完了

 

僕がいつも使っているのは、スカイスキャナーというサイトです。アプリもあります。

 

Expediaの方が安い時もありますが、大抵は、スカイスキャナーで探しています。

 

関空からシンガポール行きのフライトを探していましたが、なかなか良いのが見つからず、結局は、China Airで、北京経由、帰りは成都経由で45000円ほどでとりました。

 

思ったより、高め。申し訳ない、、、。

 

空港でようやく気付く

 

チェックインカウンターでパスポートをスキャンしてもらう。

先輩、僕の発券は完了。

そして、後輩のチケットにトラブルが。

スタッフの人より、姓と名前が逆ですよ。と。

 

スタッフ

日本からは発券致しますが、海外で発券できる保証はできませんので、、、。

 

もし発券できない場合は、全額お客様負担となります、、、。

 

はい、、、。

 

あと、後輩にその旨を理解したというサインまでさせられた。

 

おいおい、何やってんだよ、プロの航空券取得家じゃないのかよ!?

 

何してんだよ俺、、、。

 

恐る恐るシンガポール

 

シンガポールでは、何もなかったかのように超充実。

 

マレーシアに行ったり、マリーナベイサンズに行ったり、友達と会ったり、、、いやー楽しかった。

 

それと共に、空港に行かなくてはいけない時間が近づいてくる、、、。

 

恐怖のチェックイン

 

そして、いよいよチェックイン。

 

もちろん、お金が必要な場合は、僕が責任を持って払うことを決めていた。当たり前だけど。

 

チケット取得の担当を受け持った以上、自己責任だから、仕方ない。

 

チェックインカウンターのスタッフはインド系。

 

いつものシングリッシュ。慣れたもの。

 

3人のパスポートを出す。

 

心臓の鼓動が高まる。

 

スタッフ

Thank you ~~~

 

チケットを渡す。

 

Thank you!?!?

、、、。??

 

あえて何も触れなかったけど、問題なし。

 

普通に発券。

余裕で搭乗できた。

 

さっきまでの心配は一体なんだったんだ、、、。

 

まだ心配はある。

 

なぜなら、シンガポールから、成都に一晩滞在するので、もう一度、成都でチェックインをする必要があるからだ。

 

二度目のチェックイン

 

パスポートを渡して、、、。

 

またも、普通に発券。

 

!?!?

 

何もなし。

 

よかったーーー。

 

と、同時に日本ってまじでいい意味でも、悪い意味でも細かすぎじゃね?って思った。

 

まぁ間違ってた僕が悪いねんけど、、、。

 

まとめ

 

名前と姓を間違えて、入力しても日本で注意はされましたが、海外では、一切問題なし。

 

どうだったんだろ? たまたま二回とも奇跡というべきなのだろうか?

 

それとも、これが当たり前なのかは、正直分からない。

 

それにしても、しっかりと予約の時に、名前と姓を間違えなければ、何の問題もないってこと。

 

それ以降は一切間違うことがなくなったいい経験となりました!

 

本日はここまで!

最後までご覧頂きありがとうございました!!

では、また明日!!