【10日に1回飛行機】トラベラーグラムの海外ブログ 【毎日更新中】

毎日、海外や外国語のことについて書いています。

シンガポールで痴漢目撃?【冤罪?】

どうもトラベラーグラムのゆーやです。

 

本日はシンガポールの地下鉄で起こった痴漢かもしれない事件をお話しします。

 

かもしれない。です。

 

では、さっそく見ていきましょう。

 

f:id:travelergram:20200427185313p:plain



 

 

 

✔️当時の状況

 

僕は、友人とMRTの紫線ノースイーストラインに乗り、中心街の方へと向かっていました。

 

決して満員電車ではありません。

 

むしろ空いているくらいでした。

 

✔️リトルインディア駅直前で女性が叫びだす

 

僕が留学の時住んでいた寮がある、ファーラーパーク駅から、リトルインディアに着こうとしたとき、男の人が立ちました。

 

すると、女性(20歳代)が、いきなり

 

「きゃーーーー」と叫びだします。

 

そして、

 

「あの人におしりを触られた」と。

 

それに対して、言われた男性(こちらも20代)も反撃します。

 

「リュックの紐が当たっただけ。この紐な。

お前なんかに興味ないわ。」

 

てきなことを言って、リトルインディア駅で降りようとします。

 

✔️リトルインディア駅で掴み合い

 

男性はリトルインディア駅で用事があったのか、そのまま降りようとしました。

 

しかし、女性はもっと先の駅のはずなのに、追いかけて、リトルインディア駅で掴み合いをします。

 

そして、周りの人が止めるという、、、。

 

その後、ドアが閉まって僕と友人は違う駅へと。

 

✔️シンガポール人じゃない?

 

その後、シンガポール人の友人とあの状況を振り返りました。

 

女性も、男性も中国語で、言い争っていたのは確かでした。

 

しかし、シンガポール人なら、100%英語で言い争うそう。

 

なので、彼らはマレーシア人の可能性が高いらしい。

 

シンガポール人とマレーシア人の見分けはそうやってしているのか。と勉強。

 

まぁ、めっちゃどうでもいいことなんやけど。

 

✔️まとめ

 

僕はこの記事で何を言いたかったのかというと、外国で日本人が電車などで痴漢の冤罪に巻き込まれる可能性は十分にあるなと思いました。

 

もし言語が通じない場所で、相手に一方的に言われれば、どうしてもその場では勝ち目がないと思います。

 

感情的に暴力を振っても負けですし、黙っておくのもつらいですよね。

 

なので、明らかに混んでる電車は避ける、友人と一緒に行動する、とにかく、自分の味方がいることが重要だなと思いました。

 

自分も今まで、このような経験はありませんが、いつ起こるかわからないなと危機感を感じました。

 

昨日に続き、注意喚起みたいな記事になりましたが、役に立てば幸いです。

 

本日はここまで!

最後までご覧頂きありがとうございました!

では、また明日!