【10日に1回飛行機】トラベラーグラムの海外ブログ 【毎日更新中】

毎日、海外や外国語のことについて書いています。

はじめての香港旅行【人口密度 やばすぎ】

f:id:travelergram:20200523115342j:plain

どうもトラベラーグラムのゆーやです。

 

本日は香港に初めて訪れた時の滞在記でも書こうかなと思います。

 

ではさっそく見ていきましょう。

 

 

初めての香港

 

初めて香港に行ったのは、2017年の5月のことです。

 

まさかそれから大学生のうちに10回以上も行くとは、、、。

 

特に大きな動機はありませんが、チケットが安く行ったことがなかったので、行ってみようって感じでした。

 

着いた当日は深圳へと向かい、中国2部リーグのサッカー観戦をします。

 

そちらの記事はこちらをご覧ください。

👇👇

www.travelergram.jp

 

その翌日に香港へと戻り、まずはホテルへと向かいます。

 

ホテルの狭さ

f:id:travelergram:20200523120010j:plain

これが1部屋です。

確か値段は2000円ほど。

 

この中に、シャワー、トイレもあって超コンパクトに設計されています。

 

これもマンションを改造できて作った感じですね。

重慶大厦(チョンキンマンション)と呼ばれる建物の一部でした。

 

ここには、多数の宿泊施設が存在します。

 

また1階には、両替所がたくさんあり、比較して両替するのもいいでしょう。

 

また、インド系の人がここには多く、レストランというか、軽食を食べれる場所が一階には多く存在します。

 

景色いいっすね

f:id:travelergram:20200523120749j:plain

香港と言えばこの景色が有名じゃないでしょうか!?

 

尖東駅より、西の海の方へと歩いて行けば、すぐです。

ここは、特に夕方から夜にかけて暗くなっていくときの景色は最高です。

 

街並みはこんな感じ

f:id:travelergram:20200523121428j:plain

こんな感じです。

なんか映画で出てきそうですよね。

 

あとこの写真で注目すべき点がもう一つ。

 

ウラジオストク並みに日本車が多いです。

 

(なお、香港は左車線のため、ハンドルの変更は不要のようです。)

 

特に高速道路では、数台に一台はアルファードが走ってます。

 

タクシーもトヨタで統一されています。

 

少し日本っぽい雰囲気もちらほら。

 

人口密度は世界トップクラス

 

香港の人口密度は本当にすごいです。

 

歩いていて実感します。

 

ja.wikipedia.org

 

こちらのよると、世界では、第4位なわけですが、香港は意外と山岳地帯が多く、人が住めないような場所が多々あるので、事実上世界で1番人口密度が高いんじゃないかなと思っています。

 

そのため、香港における不動産価値は非常に高いです。

 

f:id:travelergram:20200523123854j:plain

こちらも中心街の写真ですが、右側の歩道一体何人の歩行者がいるのでしょうか。

 

また香港のバスはほとんどが2階建てです。

 

いくら人が多かろうと、単純計算で2倍の人がバスを利用できることとなります。

 

f:id:travelergram:20200523123121j:plain

こちらは中心街を翌日に歩いた様子です。

 

翌日には、雨が降り、このありさま。

 

傘をさそうものなら、通りすがりのときは対面の人とすれすれです。

 

本当に人がたくさんいます。

 

f:id:travelergram:20200523123442j:plain

こちらの写真は高速道路を走っているバスから撮ったものです。

(関係ないけど対向車にまたアルファード)

 

見ていただきたいのは、左側に見える高い建物。

 

これらはすべてマンションです。

 

香港は住める場所が限られている分、上に上にと高層化されていきました。

 

そのため香港では、このような高層マンションがいたるところで見受けられます。

 

イオンは香港にも(マックスバリュー)

f:id:travelergram:20200523124229j:plain

イオンはアジアを中心に海外にも店舗を構えています。

 

香港もその一部で、マックスバリューが香港にもありました。

 

香港でもいたって普通のスーパーです。

 

どのような人が香港のイオンを利用されるのかはわかりませんが、雰囲気的には、ほとんど日本と変わらなかったです。

 

f:id:travelergram:20200523124536j:plain

こんなの日本にあったかな!?

 

ライチ味のファンタを購入。

 

普通においしかったです。

 

そこの建物のトイレの扉が非常に面白い。

 

f:id:travelergram:20200523124655j:plain

 

確か結構上層階にあったトイレなのですが、まるで隠し扉。

 

ドアがどこにあるか分かります!?

 

少し、ガラスみたいなので、透けているところがありますよね?

そこを少し押すと開きます。

 

確かに壁と同化していて、おしゃれだけど、急いでいてトイレに駆け込むってなった時に、あれどこ?ってなりそうな予感がします。

 

もう少しわかりやすくしてくれよーーーー。

 

なお、香港ではトイレットペーパーは流せます。トイレの記事はこちらをご覧ください。

👇👇

www.travelergram.jp

www.travelergram.jp

 

少し離れた公園へ

 

もう人が多いのが、嫌になったので、少し中心街かたら離れた場所へとやってきました。

 

f:id:travelergram:20200523125517j:plain

美孚駅という場所にやってきました。

 

ここは住宅街っていう感じですかね。

 

f:id:travelergram:20200523125930j:plain

近くには公園があり、そこでひと時を過ごします。

 

f:id:travelergram:20200523130026j:plain

この感じの公園は日本では味わえないですよね。

 

f:id:travelergram:20200523130057j:plain

公園っていいですよね。

 

お金もかからないし、心もなんだか落ち着きます。

 

さっきまで、あんなに歩道に密集していた人たちがいたのが嘘みたい。

 

全然人がいません。

 

人口密度の高い香港でこんな場所があったとは。

 

香港の中心街で人が多すぎて疲れたってかたはここへ行くことをおすすめします。

 

 

青衣駅へ

 

f:id:travelergram:20200523130858j:plain

雨もすっかりとあがり、綺麗な夕日に街が照らされます。

 

青衣駅自体は大きなショッピングモールと併設されており、そこで買い物なんかもできます。

 

また青衣駅ではエアポートエクスプレスと呼ばれる、空港直結の電車が走っており、空港へのアクセスも非常に便利です。

 

f:id:travelergram:20200523131244j:plain

青衣にも公園がありました。

 

雰囲気は先ほどの公園と一緒の感じ。

 

ここも全然人はおらず、ゆったりとできます。

 

では、エアポートエクスプレスにて空港へと向かいます。

f:id:travelergram:20200523131444j:plain

エアポートエクスプレスは普通の香港で走っている地下鉄とは違い、キャリーケースを置けるスペースや、座る席も広々としており、非常にリラックして、空港へと向かうことができます。

 

f:id:travelergram:20200523132947j:plain

謎のテレビもやってますw

香港のマクドのバーガーにあるフルーツ

f:id:travelergram:20200523131837j:plain

香港でもマクドナルドを食べるわけですが、チキンの上に何が入っていたと思います?

 

なんとパイナップルです。

 

ですが、これが意外といけちゃうんですよ。

 

ちょうどいい感じにチキンとマッチして全然悪くなかったです。

 

たしかこれはプロモーションだったので、今はないかと思います。

 

広い香港の空港

 

f:id:travelergram:20200523132100j:plain

 

香港は世界のハブ空港でもありますので、非常に大きいです。

 

第一ターミナル、第二ターミナルがあります。

 

そういや、香港の空港にはホームレスの人がいましたね。

しかも欧米人っぽかった。

 

まぁそれはともあれ、時間に余裕をもって空港に来ることをおすすめします。

 

手荷物、出国の審査が終わってからも、空港内の電車に乗って出発ゲートへと移動します。

本当に時間がかかりますので、時間に余裕を持って空港に着くことをおすすめします。

 

日本到着

f:id:travelergram:20200523133104j:plain

深夜の便だったので。早朝に関西空港へと着きました。

 

いやー楽しかったですね。

 

記事を書くたびに、早く海外に行きたいなーという思いが募ってきます。

 

この記事で海外に行った気分になっていただければ、幸いです。

 

本日はここまで!

最後までご覧いただきありがとうございました!

では、また明日!!