トラベラーグラムの海外ブログ 【毎日更新中】

毎日、海外や外国語のことについて書いています。

海外で泊まるならゲストハウス?【僕の場合は国によります】

f:id:travelergram:20200528142310p:image

どうもトラベラーグラムのゆーやです。

 

最近日本にも増えてきたゲストハウスですが、ゲストハウスのメリット、デメリットは一体何なのか?

徹底解説します!!

 

では、早速見ていきましょう!!

 

 

 

✔️ゲストハウスのメリット

 

ゲストハウスのメリットは自分が思うに大きく2点です。

 

☑️値段が圧倒的に安い

f:id:travelergram:20200528141427p:image

一般的に、一泊あたりの単価が安いのは間違いなく、ゲストハウスです。

 

安いものであれば、数百円のものからあります。

 

長期滞在だと、Airbnbで、月額割というものもありますので、そちらだと日割計算すると、Airbnbがお得ということもあります。

 

また、ゲストハウスとはいえ、物価の高い国(北欧、ルクセンブルクなど) だと、一泊4000円を超えるゲストハウスはよくあります。

 

ですので、物価が高い国では、ゲストハウスの方がいいか、ホテルの方がいいのか?考慮が必要です。

 

またホテルでは朝食が出ることもありますので、その点も含め、コスパがどちらがいいのかを考慮する必要があります。

 

☑️友達を作れる

f:id:travelergram:20200528141502p:image

せっかく海外に行ったのなら、旅仲間というか、友人を作りたいですよね。

 

それなら、ゲストハウスが間違いなくおすすめです。

 

ゲストハウスはそういった目的で来ている人もしばしば。

 

僕もポーランドではウズベキスタン人や、ペルー人の友人、ペルー人とはその後ウクライナで再会。

 

韓国では日本人の方に街を案内してもらった経験もあります。

 

ホテルに泊まれば、このような経験はできないでしょう。

 

ゲストハウスはオープンマインドの人が多めです。

 

またほとんどの場合、部屋は男性、女性と分かれていますが、ランチなどを食べる共有スペースでは、男女関係なく、集まっています。

 

もしかしたら、恋愛関係に発展も?

(ちなみに僕ははこんな経験ありません笑)

 

 

✔️ゲストハウスのデメリット

 

☑️プライベート空間が少ない

f:id:travelergram:20200528141851j:image

ゲストハウスでは、一つの部屋に2段ベッドが複数あるのが一般的です。

 

そのため、プラバシーがないというか、同じ空間に誰かがいることがほとんどです。

 

僕も一人が好きなので、ホテルの方がいいのですが、やはり値段を考えると僕はゲストハウスに泊まることもしばしばある感じです。

 

☑️セキュリティー

f:id:travelergram:20200528141711p:image

一部屋に何人もいるわけなので、貴重品の管理が大変です。

 

もちろん、ゲストハウスに泊まっている人はいい人がほとんどですが、中には盗難をする者も少なからずいるようです。

 

実際に、ゲストハウスに泊まって何かと盗まれたという話は聞いたことがあります。

 

個人用のロッカーが貰えるなら、そこに入れますが、極論壊されれば、終わりです。

 

最低限、財布やパスポートは身に着けながら寝ています。

 

僕みたいな心配性の人はヒヤヒヤしながら寝ることもあります。

 

 

☑️目覚まし時計を使いづらい(目覚まし以外もいろいろと)

f:id:travelergram:20200528141632p:image

何度も書いているように、ゲストハウスの場合、一部屋で何人も寝ています。

 

そこで、一人が、明日のフライトが早いので、早朝に目覚ましをしてしまうと、ほとんどの人を起こしてしまうことになりかねません。

 

特に悪いことをしているわけではありませんが、なんとも言えない気分になります。

 

目覚ましだけでなく、夜にトイレに行こうとした時に、開くドアの音。

 

それからその開いたドアから入る光。

 

消灯してから、ゴソゴソと荷物を探すビニール袋の音などにより起こされることもしばしば。

 

またなかには、周りのいびきが非常にうるさくて、寝れないこともあります。

(もしかしたら、僕も迷惑かけてるかも)

 

☑️トイレ、シャワーなど共有

f:id:travelergram:20200528141745p:image

ホテルの場合、トイレは1部屋に1つ付いているのが当たり前かと思いますが、ゲストハウスの場合は、共有になります。

 

もちろん、1つではありませんが、3つのトイレがあったとして、それを8人で泊まっていたとすれば、一人あたりのトイレの数は0.375になります。

 

つまり、朝などのラッシュ時などにみんなが使っていれば、トイレやシャワーに入れないことも。

 

また前の人が綺麗に使ってくれているとは限りません。

 

僕自身はこれまで、このような問題には遭遇したことはありませんが、誰にでも起こりうる話かと思います。

 

✔️まとめ

 

ゲストハウスのメリット、デメリットまとめ、いかがだったでしょうか?

 

ゲストハウスが安い話の裏にはやっぱりデメリットもあります。

 

しかし、友達や旅仲間を作ることは、お金には変えられない価値があります。

 

あとは、何を選択するかは自分次第かなと思ったりしています。

 

最近は僕も一人で作業を集中したいことが多いので、ゲストハウスに泊まることは少なくはなりましたが、最初の頃にゲストハウスに泊まってできた友人とは、今も連絡を取り合ってますので、非常にいい経験にはなったかと思います。

 

 

とはいえ、記事を書いていると、ゲストハウスに久しぶりにゲストハウスに泊まりたくなってきましたねー!

 

早く海外旅行行きたいですね。

 

この記事が誰かの役に立てば、幸いです。

 

では、また明日!!