【10日に1回飛行機】トラベラーグラムの海外ブログ 【毎日更新中】

毎日、海外や外国語のことについて書いています。

シンガポールの地下鉄アナウンスまとめ【最大4か国語!?】

f:id:travelergram:20200607120023j:plain

 

どうもトラベラーグラムのゆーやです。

本日は昨日に続き、地下鉄シリーズです。

 

シンガポールの地下鉄についてお話していこうかと思います。

 

ではさっそく見ていきましょう!!

 

 

 

シンガポールの地下鉄

f:id:travelergram:20200607120511j:plain

google.mapより

 

シンガポールの地下鉄網ですが、このカラフルな線がすべてです。

かなり広範囲に広がっていることが分かります。

 

シンガポールの面積自体は、琵琶湖ほどです。

そのため、シンガポールを縦に横断したとしても、電車で1時間程度です。

(車なら30分程度)

 

地下鉄の料金

f:id:travelergram:20200607121204j:plain

シンガポールにも他国同様にezlinkという

ICOCASuicaのようなチャージ式の切符があります。

(バスでも使えます)

現金で毎回切符を買うよりもお得ですので、買って損はないかと思います。

 

また料金は最高でも2.6ドルです。

 

そのため300円あれば、どこまででも行けます。

シンガポールの地下鉄は非常に安いです。

 

アナウンスの言語は路線による

 

僕が本日メインにお伝えしたいのはこの項目です。

 

僕がよく使っていたのはNorth east line(紫線)です。

 

North east line

Farrer ParkからCity hallまでほぼ毎日使っていました。

ちなみに料金は片道60円でした。

 

それはさておき、こちらの路線に関しては、シンガポール公用語である

英語、中国語(普通話)マレー語タミル語がすべて最後に流れます。

 

シンガポールではほとんど英語が通じるとはいえ、ご高齢の方は英語が苦手という方も非常に多いです。

紫線では、それが反映された形となっているようです。

 

☑East West Line

こちらはシンガポールチャンギ空港から東西に延びている路線ですが、

英語のみです。

もちろんシングリッシュではなく、イギリス英語です。

東西に長く延びているので、これこそ4か国語使った方がいいような、、、。

☑Downtown line

こちらは紫線と同様に、4つの言語が流れます。

英語と中国語で次の駅名が呼ばれます。

 

☑North South line

こちらも基本は英語のみです。が、、、

いきなり、注意事項をタミル語マレー語などで呼びかけます。

英語で聞いた限りは、乗車中に飲食禁止ということを伝えていました。

 

☑Circle line

 

そして最後にCircle lineです。

こちらはスタジアム駅と繋がっているので、サッカー観戦の時には必須の路線です。

 

そしてこちらの気になる言語ですが、英語のみでした。

 

駅ではたくさんの言語

駅ではたくさんの言語が流れます。

それを真似している動画がありましたのでご紹介いたします。

どうですかね。みんな周りは笑っています(笑)

それぐらい似ています。

ともあれ、駅によっていろんな言語は流れますが、必ず英語は流れますので、英語だけわかれば充分です。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

シンガポールの地下鉄では、基本英語のみです。

 

こちらも深圳の地下鉄と同様に、補足程度で付け足されている感じですかね、、、。

 

いや~とはいえ、地下鉄の音声を聞いているだけで、海外行った気分になります。

早く行きたいですね~~~

 

本日はここまで!

では、また明日!!