【10日に1回飛行機】トラベラーグラムの海外ブログ 【毎日更新中】

毎日、海外や外国語のことについて書いています。

【シンガポールの台所?】ホーカセンターとは?

f:id:travelergram:20200609163135j:plain

どうもトラベラーグラムのゆーやです。

 

本日はシンガポールの台所?ことホーカセンターについてお話していこうと思います。

 

ではさっそく見ていきましょう!!

 

 

シンガポール人は料理する?

f:id:travelergram:20200609165142j:plain

シンガポール人では料理をしない人が非常に多いです。

理由は簡単で、外食の方が

コストが安い、時間の短縮が見込めるからです。

 

確かに家で料理をすると、食材を買いに行ったり、調理したり、最後には洗い物が待っているなど、非常に時間がかかります。

 

そのため今から説明するホーカセンターにて値段が安い外食をする人が多いです。

 

ホーカセンターとは?

f:id:travelergram:20200609163929j:plain

ホーカセンターとは、日本にはないので説明しにくいのですが、

簡単に言うと屋外格安レストランという感じです。

 

屋台ではなく、マンションの下の階などにあることが多く、そこのマンションに住んでいる人だけではなく、近所の人も、もちろん来ます。

 

また料理の種類も多くあり、シンガポールの料理や、インド料理中華料理などもあります。

 

気になる値段

物価が高いと言われているシンガポールですが、ホーカセンターにおいては日本よりも安いです。

f:id:travelergram:20200609164537j:plain

こちらマレー料理のラクサと言われる、麺料理ですが、

お値段はなんと

 

4ドル(320円)

 

です。日本なら500円は余裕で超えそうですが、以外とシンガポールでは安いです。

 

これを食べるだけで結構お腹いっぱいになります。

 

f:id:travelergram:20200609164814j:plain

もちろんですが、洋食もあります。

こちらのお値段はおよそ600円ほど。

僕の場合、ホーカセンターで500円前後あれば、お腹いっぱいです。

 

このような店がシンガポールにはたくさんあるので、非常に便利です。

都会にもありますが、住宅街の方にも多く存在しますので、きほんどこでも食べれます。

 

問題点?

 

こんな最高なホーカセンターですが、問題点がいくつかあります。

 

・屋外のため暑すぎる

f:id:travelergram:20200609170406p:plain

常夏のシンガポールですので、外が暑いのは当たり前です。

大きな扇風機がいくつかあり、そこから風が送られてきますが、少し物足りず、、、。

快適さを求めるなら、もう少し高いエアコンのついている、レストランに行かないと、、、ですね。

 

・鳩が来る

f:id:travelergram:20200609170457p:plain

屋外のデメリットとして鳥が入ってこれます。

食べ終わった皿などにある、残飯を鳥たちは狙っているようです。

そのため人によっては少し衛生面に問題を感じるかも。

 

あとは、トイレが有料の場合もありますので、ご注意を・

 

まとめ

 

ホーカセンターいかがだったでしょうか?

 

日本には少しないスタイルですので、日本でやったら少し面白そうですが、

日本では四季があるため、季節によって来る人の来ない人人数が変わりそうな予感です。

 

最近では、ホーカセンターに足を運ぶ以外にも、シンガポールではインターネットによる料理注文、Grab eats (日本でいうUber Eats)も盛んになっているようです。

 

ホーカセンターの味が懐かしい、、、。

久しぶりに食べたいですね、、、。

 

本日はここまで!

では、また明日!!