トラベラーグラムの海外ブログ 【毎日更新中】

毎日、海外や外国語のことについて書いています。

【疑問】中国語のスマホキーボードの打ち方?

どうもトラベラーグラムのゆーやです。

 

本日は中国語のキーボードの打ち方についてお話したいと思います。

 

日本だとローマ字打ち、もしくはカナ打ちがキーボードに書いているので、できますが、中国語では一体、どのように行なっているのでしょうか?

 

ではさっそくみていきましょう!!

 

 

 

✔️基本はピンイン

 

中国語の記事については、こちらでも扱っていますので、こちらもご覧ください。

↓↓

www.travelergram.jp

中国語は音をローマ字で表す、ピンインというものがあります。

 

f:id:travelergram:20200616073723j:image

ニーハオのni haoとピンインを打ってみます すると、変換の候補欄に、你好と出てきます。そんな感じで、ピンインを打ち込めば、変換候補が出てきて、打っていくって感じです。日本語のローマ字打ちにも似てますね。

f:id:travelergram:20200616073957j:image

人によっては、テンキースタイルで打ち込む人も。

こっちの方が分かりにくい気がしますが、僕が見てきたなかでは、このまま打つ人も多いです。

 

やっぱり慣れなのでしょうかね、、、。

 

じゃあピンインがわからなければ?

 

✔️手書き入力

 

漢字はあまりにも多いですよね。

いくら簡体字とはいえ、覚えるにも限界があります。

もちろん似ているピンインもあるので、どんなピンインだったっけ?

ってなることも多いはず、、、。

 

そんな時に便利なのが、手書き入力!!

f:id:travelergram:20200616074355j:image

なんと、このキーボードがあるはずの空欄に手書きで指で漢字を書く書きます。

すると認識して、漢字の候補が、、、!!

そこから選んでいきます。

 

✔️部首で作る?

f:id:travelergram:20200616075319j:image

こちらはあまり使っている人を見たことはありませんが、こんな入力方法もあるようです。

 

上の3つを打ち込むと【才】という漢字が出来あがりました。

 

んー、これは使いにくそう、、、。

 

✔️ボイスメッセージ

 

もうお分かりかと思いますが、中国語で文字を入力するのは非常に手間のかかる作業な訳です。

 

そのため、多くの中国人は入力するのが面倒なので、ボイスメッセージを送ります。

 

よく中国人が電話をしているわけではなく、携帯に声だけを喋って送っている光景を見たことはないでしょうか?

 

あれってボイスメッセージなんです。

 

f:id:travelergram:20200616074847j:image

中国語版のLINEこと、WeChatには、キーボードよりも先に押したまま話すが優先されて出てきます。

 

キーボードは二番手なんです。

 

✔️台湾の中国語は異なる

f:id:travelergram:20200616075605j:image

台湾ではピンインは使われておらず、注意符号という音を表す文字を使って打ち込みます。

 

僕自身は台湾の中国語は勉強したことがないので、なんとも言えません。

 

ただ、台湾でもボイスメッセージを使う人は少なくないようです。

 

✔️まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

中国語のキーボードの打ち方といっても多種多様です。

 

パソコンの場合はピンインが基本です。

 

また、台湾の場合は注意符号がキーボードについています。

 

なお、僕がよく使うのは手書きです。

 

ピンインは似ていて区別が付かないものが非常に多いので、やっぱり漢字の形を覚えるのがベストですかね、、、。 

 

本日はここまで!!

ではまた明日!!