【10日に1回飛行機】トラベラーグラムの海外ブログ 【毎日更新中】

毎日、海外や外国語のことについて書いています。

【検証】ポルトガル語とスペイン語は方言程度?

f:id:travelergram:20200714084210j:image

どうも最近言語の話が多いトラベラーグラムのゆーやです。

 

本日はポルトガル語スペイン語

方言程度なのか検証していきたいと思います。

 

ではさっそく見ていきましょう!!

 

 

似ていることは確か

 

ポルトガル語スペイン語の近さを日本語で例えると

 

前にも述べましたが、

 

関西弁と関東弁ほど似てはいません。

しかし、日本語と韓国語ほど離れていません。

 

一番いい例は、九州の方言東北の方言程度の差みたいな感じですかね。

 

言語系統で言うと

ポルトガル語スペイン語ともにインド・ヨーロッパ語族から分裂して

西イベリア語という類まで同じです。

 

ポルトガル語にも違いがある

こちらは余談ですが

 

ポルトガル語はご存知のように主にポルトガルブラジルで話されています。

 

しかしブラジルの方がポルトガルよりも圧倒的に人口が多く

ブラジルポルトガル語が話されているのも事実です。

 

大きな違いとしてブラジルでは二人称を三人称のvocê(s) に当てはめて使います。

 

そのため動詞の変化が4つです。

 

ポルトガルポルトガル語を簡単にしたのがブラジルポルトガル語と呼ばれています。

 

そのためブラジルポルトガル語の方が勉強しやすいと言われています。

 

話を戻してポルトガル語スペイン語を比較してみます。

 

挨拶などの違い?

 

・おはようございます

ポルトガル語:Bom dia

スペイン語:Buenos días.

 

・こんにちは

ポルトガル語:Boa tarde

スペイン語:Buenas tardes.

 

・また明日

ポルトガル語:Até amanhã 

スペイン語:Hasta mañana

 

・お元気ですか?

ポルトガル語:Tudo bem? 

スペイン語:¿Qué tal?

 

どうですかね?

文字を見る限り結構似てる気がします。

 

deの発音は「ヂ」と発音します。

 

またスペイン語ポルトガル語の大きな違いを説明したわかりやすい動画がありました👇👇

 

これらの違いを抑えておくだけで、どちらかの言語をある程度理解していると非常に学習しやすくなります。

 

では実際にスペイン人ポルトガルに行くとどうなるのでしょうか?

 

スペインポルトガル

 カシージャスポルトでインタビューを受けている音声がありました。

インタビュアーはポルトガル語で話していますが、

カシージャスは、ほとんどスペイン語で返しています。

しかし、ごく一部ポルトガル語を混ぜて話しています。

 

また別の動画ではポルトガル語は聞いて理解はできるようですが、

スペイン語で返しています

 

コメント欄を読んでみると「ポルトガル語で話してくれよ。」というコメントがいくつかありました(笑)

 

しかし他のポルトガルインタビュアーとの対談動画などを見てみるとカシージャススペイン語の下にはすべてポルトガル語の字幕がついていました。

 

ポルトガルスペイン

クリスティアーノ・ロナウドスペイン語を流暢に話します。

スペイン語ネイティブからすれば少しポルトガル訛りとも聞きますが、もちろん字幕もなしですし、全然問題ないようです。

 

バルサからレアルへと禁断の移籍を行った

ルイス・フィーゴスペイン語がペラペラです。

 

住んでいる年数も違うのでこれらの動画では比較できないですが、

あくまで傾向ではありますがポルトガルの方が外国語に対して積極的と言われています。

ポルトガルでは英語が通じたのに、スペインでは英語が全く通じなかったという話

も聞いたことがあります。

 

とはいえ、僕の友人のポルトガルスペイン語を話すとポルトニョール”

といってスペイン語ポルトガル語が混ざってしまうことがやはりあるようです。

 

まとめ

ポルトガル語スペイン語は非常に似ています。

 

しかし100%意思疎通をすることは不可能のようです。

 

現在はGoogle翻訳などもありますし、コミュニケーションをとるうえでは全く問題ないでしょう。

 

また言語が似ているがゆえに、学習するのであれば、お互い非常に有利なことは間違いないようです!

 

本日はここまで!

では、また明日!