【10日に1回飛行機】トラベラーグラムの海外ブログ 【毎日更新中】

毎日、海外や外国語のことについて書いています。

英語の母国イギリスの地下鉄で外国語のアナウンスはあるのか⁉

f:id:travelergram:20200804134100j:plain

どうもトラベラーグラムのゆーやです。

 

本日はイギリス、ロンドンの地下鉄で英語以外のアナウンスは

あるのか見ていきたいと思います

 

日本でも最近はJRだけでなく、私鉄でも英語をはじめ、隣国の言語である、韓国語中国語のアナウンスが良く流れるようになりました。

 

ではイギリスでは一体どうなのでしょうか?

 

さっそく見ていきましょう!

 

 

イギリスには2018年8月に訪問

f:id:travelergram:20200804135055j:plain

ちなみにですが、僕自身2018年の8月にイギリスのロンドンを訪れました。

 

西ヨーロッパを周遊したついでに、ポーランドに帰る前にちょこっとだけロンドンを散策しました。

 

この写真は英語で撮ってくださいと頼むのが面倒くさくなったので、ちょうど日本人の人がいたので、「すみません、写真撮ってください。」とお願いしました(笑)

 

ロンドンで訪れた場所などは、また今度別の記事で書こうと思います。

 

イギリス【ロンドン】の地下鉄

こちらの地図を少しでもズームしてみてください。

すると以下のようなマークがたくさんあるかと思います。

👇👇

f:id:travelergram:20200804134100j:plain

これらはすべてロンドンの地下鉄のマークです。

見ればわかるように、ロンドンにはいたるところに、地下鉄が張り巡らされています。

 

とはいえ、運賃は日本と同様に、とても高いです。

 

ロンドンの地下鉄のアナウンス

 

では、実際にロンドンの地下鉄のアナウンスを聞いてみましょう。

さすがイギリス。これぞイギリス英語。

 

もうお分かりの通りの通り、英語以外のアナウンスはありません。

 

他のヨーロッパの諸外国では、その国の言語+英語が普通です。

 

やはり英語が世界の共通の言語であると認識できます。

 

では事実上英語が公用語アメリの地下鉄はどうでしょう?

 

アメリカの地下鉄

 

アメリカの地下鉄のアナウンス集がありましたので、見てみましょう。

予想通り、英語のみでした、、、、

 

がしかし、こんな動画を発見しました。

 

ヒューストンの地下鉄ではなんと

スペイン語も流れるようです。

 

ヒューストンアメリカ南部に位置し、ヒスパニックの方が多く暮らしている都市でもあります。

 

ヒスパニックの方で英語を全く話せない人も多いようです。

 

それもあってか、ヒューストンの地下鉄では、スペイン語も流れるようです。

 

まとめ

 

英語圏の地下鉄のアナウンスは基本英語のみという結果でした。

 

英語がいかに世界の中心的言語になっているかがここからもわかります。

 

日本の公用語が英語やったらどうなってんかなーとかたまに考えちゃいます(笑)

 

まぁ、こんなこと言ってても仕方ないんで、もっと英語も学んでいきます!

 

本日はここまで!

最後までご覧いただきありがとうございました!

では、また明日!