【10日に1回飛行機】トラベラーグラムの海外ブログ 【毎日更新中】

毎日、海外や外国語のことについて書いています。

【国際送金】WesternUnionの支払い方法

f:id:travelergram:20200814101428p:image

どうもトラベラーグラムのゆーやです。

 

本日は【国際送金】WesternUnionの支払い方法についてお話ししていきたいと思います。

 

どのように支払いするのでしょうか?

さっそくみていきましょう!

 

 

 

✔️WesternUnion とは

f:id:travelergram:20200814101702p:image

WesternUnion とは金融及び通信業の会社であり、その一環として、国際送金を行なっております。

 

僕のように企業に対してお金を払うこともあれば、個人間での送金も可能です。

 

僕の場合は輸入を行うために、Alibabaで購入した商品をWesternUnionを使って支払っています。

 

では、一体どのように支払うのでしょうか?

 

✔️WesternUnion の提携店へ

 

www.wu-japan.com

 

こちらで、住んでいる地域からどこが一番近いか調べることができます。

 

基本的にはチケット屋など外貨を取り扱っているお店です。

 

僕の場合は、大阪駅にある"まいどちけっと"というWesternUnionの提携店に向かいました。

 

第三ビルにあります。

地下にあり結構ややこしいので、ご注意ください。

 

✔️紙に必要事項を記入

f:id:travelergram:20200814103417j:image

僕の場合、上記の青色の部分すべてと、中部の黄色の全てを記入しました。

 

下ののところは何も書かなくてもOKでした。

 

また、本人確認のために

 

マイナンバーカード(通知カードでOK)

・免許証

 

の提出が必要でした。

 

書き終わって店員さんに入力を行ってもらい、数分待つと、以下のような紙が貰えます。

f:id:travelergram:20200814105614j:image

これで送金完了です。

相手に右上で囲まれた数字を伝えて相手はその番号を伝えて現地で受け取ることができます。

 

✔️相手が受け取ると、、、

f:id:travelergram:20200814105825j:image

WesternUnion より送金先相手がお金を受け取ったというSMSが届きます。

 

これで送金完了です。

 

何回かWesternUnion をこれまでに使っていますが、僕の場合は相手は企業なので、送金後、商品を作成し、しっかりと商品を輸入することができました。

 

しかしながら、SNSや国際的なオークションサイトを通してWesternUnionで送金してから商品を送ると言った感じで、結局お金だけ取られるということも多発しているようですので、ご注意下さい。

 

国際送金は、自己責任となります。

 

海外にお金を一度送ると取り返すことは不可能です。

 

必ず信頼できる相手に送金しましょう。

 

✔️まとめ

WesternUnion の支払い方法を解説してみました。

 

こちらは、家族が留学している時にも送ったりできるサービスでもあります。

 

しかしながらそれを裏手にとって悪用しているケースも多発していますので、

ご注意下さい。

 

まだまだ手数料が高いですので、今後もっと簡単に国際送金できるようになって、手数料が下がることを願うばかりです、、、。

 

本日はここまで!

最後までご覧頂きありがとうございました!

では、また明日!!