【10日に1回飛行機】トラベラーグラムの海外ブログ 【毎日更新中】

毎日、海外や外国語のことについて書いています。

ジョージア語を20日間勉強してみた結果【激ムズ】

f:id:travelergram:20200920164425j:image

どうもトラベラーグラムのゆーやです。

 

本日はジョージア20日間勉強してみた結果をお届け致します。

どんな言語なのでしょうか?

さっそく見ていきましょう!!

 

 

 

✔️なぜジョージア語?

 

そもそもジョージアを知っている方はあまり多くはないかと思います。

 

ジョージアとは元々旧ソ連の国で、グルジアと呼ばれていました。

 

またコロナ以前では日本のパスポートを持っていると360日ノービザで過ごすことのできるというとても長期滞在に向いている国です。

 

また物価も安く、僕にとっては好条件な国家です。 

将来的な移住候補の一つとなりました!

 

そのため、少しジョージア語を勉強してみようと思いました。

 

また旧ソ連国家ということもあり、ロシア語も話されているようですが、ジョージア語が普及しているようです。

 

何この文字!?!?

 

ქართული

 

この文字を見て??となるかと思います。

僕もその一人でした。これがジョージアの文字です。

 

上記の文字ですが、発音はカルトリ、意味はジョージア語という意味です。

 

しかしジョージア語の文字は他の言語の文字と同様に、音が決まっているので、ある程度コツをつかめれば、読むことはできます。

 

なお、ジョージア語の文字がどのようにしてできたのかは、未だに不明だそうです。

 

勉強に使った本

 

ジョージア語の本ってあまり書店では取り扱っていないところも多く、amazonで購入することにしました。

 

下記に購入した本のリンクを貼っておきます。

 

www.amazon.co.jp

 

CD付でリスニングの練習もできます。

 

20日勉強した結果、、、

 

言語が得意な僕ですが、、、

 

結論からいうと、文字をみて発音はできるようになりました。

 

しかしながら、文法があまりにも複雑で、理解が全然できませんでした、、、。

 

というのもジョージア語はカルトヴェリ語族という分類に分けられ、僕がこれまでに勉強してきた言語と全く相関性がなかったのです。

 

中国語スペイン語日本語とも似ていない、、、。

 

そのため習得にあまりの時間がかかると判断し、少しジョージア語とは距離を置くことに、、、。

 

ジョージアでも結構英語通じるみたいだしええか、、、。

と弱音を、、、。

 

とはいえ、やっぱり現地に行ってどんな感じで使っているのかを見ながら勉強したいですね、、、。

 

とりあえず、ジョージアに入国できるようになるまで待ちたいと思います、、、。

 

 

本日はここまで!

では、また明日!!