【10日に1回飛行機】トラベラーグラムの海外ブログ 【毎日更新中】

毎日、海外や外国語のことについて書いています。

【ワルシャワ】停まらないバス停の見分け方

f:id:travelergram:20200924185608j:image

どうもトラベラーグラムのゆーやです。

 

本日は【ワルシャワ】停まらないバス停の見分け方というテーマでお届け致します。

どうやって見分けるのでしょうか?

 

さっそく見ていきましょう!!

 

 

 

✔️ワルシャワのバス

f:id:travelergram:20200924191840j:image

写真がこれしかありませんでした。

途切れていてすみません、、、。

 

ポーランドのバスですが、ワルシャワに限らず、他の地域でもこの色のバスが走っています。

 

カトヴィツェでもこの色のバスが走っていました。

 

ちょっと京阪の色に似ているような、似ていないような、、、(笑)

 

✔️時間制の切符

 

切符に関してはどこまでいくらというよりも、何分いくらという形で売っています。

 

券売機の写真がなくてすみません、、、。

 

運転手から買うこともありますが、僕はそれが嫌なので、24時間切符を買って、それでバスに乗っていました。

 

✔️自己申告制

 

また日本とは違って、バスの切符は自己申告のような形ですので、タダ乗りをしようとする人もいるかと思います。

 

しかし、コントロールといって、抜き打ちで、切符を持っているか確認する人たちが乗ってきます。

 

そこで、持っていない人がいたのを一度だけ見ました。

 

それが切符を単に無くしただけなのか、それとも、タダ乗りをわざとしようとしているのかは分かりませんでしたが、コントロールに注意されているところを一度だけ目撃したことがあります。

 

✔️停まらないバス停の見分け方⁉

いよいよ本題ですが、こちらの動画を使わせていただきます。

この動画の1:50くらいのところで、次のバス案内があります。

 

そこで「ジュスタネックナジョンダーニャ」

 

と言っているところが聞こえるでしょうか?

 

このバスは英語のアナウンスもついているのでわかるのですが、この

「ジュスタネックナジョンダーニャ」

 と言われた場合は降りるボタンを押さないと止まらないのです。

 

最初乗った時は英語のアナウンスもなかったので、何のアナウンスやねん?と思っていましたが、そういうことだったようです。

 

まとめ

 

本日は【ワルシャワ】停まらないバス停の見分け方というテーマでお届けいたしましたが、いかがだったでしょうか?

 

ポーランドに行った際はバスのアナウンスをよく聞いてみてください!

とはいえ、アナウンスに集中しすぎて、乗りすごさないようにご注意下さい!

 

本日はここまで!

ではまた明日!!