【10日に1回飛行機】トラベラーグラムの海外ブログ 【毎日更新中】

毎日、海外や外国語のことについて書いています。

ヨーロッパのナンバープレートが面白すぎる!

f:id:travelergram:20201022195929j:image

どうもトラベラーグラムのゆーやです。

 

本日はヨーロッパのナンバープレートが面白かった件についてお話ししていきます。

 

いったいヨーロッパのナンバープレートってどうなっているのでしょうか?

さっそく見ていきましょう!!

 

 

✔️ヨーロッパのナンバープレートって?

f:id:travelergram:20201022195929j:image

ヨーロッパ、なかでも、シェンゲン協定の国はご存知のように、国境の審査がありませんので、そのまま外国に行けてしまいます。

 

しかし、車はを購入するにはもちろん、どこかしらで登録が必要です。

 

では、一体、車でたくさんの国に行けてしまうシェンゲン協定では、どのようなナンバープレートが搭載されているのでしょうか?

 

✔️左側に国名の略称

 

結論から言うと、EU諸国のナンバープレートには、ナンバープレートの左側に国を表す略称が記載されています。

 

例えば、

 

f:id:travelergram:20201022202154p:plain

オーストリアならA

 

f:id:travelergram:20201022202232p:plain

ドイツなら、D

(Germanyではなく、DeutschlandのDです。)

 

f:id:travelergram:20201022202344p:plain

イタリアなら、I

 

f:id:travelergram:20201022202521p:plain
フランスなら、F

 

このような感じで記載されています。

 

ん、じゃあフィンランドもFから始まるけど、、、!?!?

 

Fのナンバーを見つけたら、フランスかフィンランドのどっちか見分けられないってこと!?!?

 

✔️複数文字もあり

 

先程のように、同じ頭文字で始まっている場合は、

2文字、3文字並べる場合もあります。

 

例えば、

 

f:id:travelergram:20201022202713p:plain

ファンランドなら、FINと記載されます。

 

いずれもLで始まるリトアニアラトビア

 

f:id:travelergram:20201022202822j:plain

リトアニア=LT

 

f:id:travelergram:20201022202919p:plain

ラトビア=LV  と記載されます。

 

もちろんですが、EU諸国において、これらのナンバー以外の車が停まっていることが多々あります。

 

僕が一番びっくりしたのは、ポーランドワルシャワコペルニクス博物館にカザフスタンナンバーの車が止まっていました、、、。

  

特に東ヨーロッパの方では珍しいナンバープレートをみることができます。

(EU諸国以外はナンバーの表記が異なります) 

 

✔️まとめ

 

ヨーロッパのナンバープレートは面白いですよね。

 

日本は基本的に都道府県や、都市が記載されていますが、ヨーロッパでは、国名の略称が記載されています。

 

旅中に車のナンバーを見てみるのも面白いかもしれませんね!!

 

本日はここまで!

では、また明日!!