【10日に1回飛行機】トラベラーグラムの海外ブログ 【毎日更新中】

毎日、海外や外国語のことについて書いています。

GEOで買ったスマホが赤ロムになった話

f:id:travelergram:20201105173651p:image

どうもトラベラーグラムのゆーやです。

 

本日はGEOで買ったスマホが赤ロムになった話というテーマでお届け致します。

 

いったいどうなってしまったのでしょうか?

 

さっそく見ていきましょう!!

 

 

✔️GEOのオンラインストアiPhone

f:id:travelergram:20201105180035j:image

僕自身GEOモバイルで、購入や、買い取りを何度もしたことがあります。

 

またGEOモバイルはたまに全部のモバイル品が10%オフになるようなセールもやっているので、僕が知っている国内のストアでは、かなりお得な価格のお店かと思います。

 

そんなGEOモバイルで、iPhone XRがお得だったので、買ってみることに。

 

なお、利用制限の判定は△

 

✔️利用制限とは!?!?

 

利用制限とは

 

iPhoneには全てIMEIという個別番号があり、それらをSoftBankや、auのページで入力すると、支払い中、支払い完了などがわかります。

 

そこで、もし中古で買う場合に、売却した人物が支払い途中であれば、△と表示されます。

 

そして、もし支払いの滞納などがあれば、判定は×となり、そのキャリアの電波は使えなくなります。

 

×判定=赤ロムともいいます 

そして、僕の購入したiPhone XR△判定だったのです。

 

✔️無事に届く

f:id:travelergram:20201105203731j:image

無事に目的のiPhone XRは手元に届きました。

 

とはいえ、こちらのスマホはサブ機として運用するつもりだったので、auSIMカードも持ってはいましたが、結局のところWi-Fiのみでの運用となりました、、、。

 

ですので、正直なところ、使っていいたかと言われれば、あまりヘビーな使い方をしていなかったのは事実です。

 

✔️ある日auの電波を掴まなくなる

 

結局使わなかったので、久しぶりに、電波を掴めるかどうか、SIMカードを入れてみました。

 

するとすると、、、

 

何故か掴めない!!

 

なぜだ!!

 

恐る恐る、IMEIの判定をチェック、、、

 

すると、×の判定!!

 

つまり、元の持ち主が支払いを滞らせた可能性大!!

 

その後×判定から覆ることはなかった、、、。

 

✔️GEOへメール

 

GEOでは中古スマホで×判定になった商品に関しては、すべて返金してもらえます。

 

そこでさっそくGEOへとメールを送ります。

 

すると、購入証明と、×判定のiPhone本体を着払いで指定された場所に送ってほしいとのこと。

 

さっそく準備をして送付

 

✔️GEOからメールが

f:id:travelergram:20201105204457j:image 

無事に目的の場所へiPhoneが到達したようで、そこでもしっかりと本当に×判定なのかを査定して、やはり×判定でしたので、返金という形になりました。

 

僕の場合はクレジットカードで引いてもらう形式で返金対応となりました。

 

これで無事に一件落着です。

 

✔️まとめ

 

中古端末を買うにはある程度のリスクがやはり存在します。

 

僕みたいに、×判定になったスマートフォンがサブ機だったらいいのですが、もし一台しか持っていなくて、そのスマホが×判定になれば、大変です。

 

またGEOのような信頼のできる店なら返金対応もありますので、信頼できる中古ショップで購入しましょう!!

 

この記事がお役に立てば幸いです!

 

本日はここまで!

では、また明日!!